鹿児島のスポーツニュースやレポートをご紹介

新DFが移籍加入 ユナイテッドFC

鹿児島ユナイテッドFCは8月5日に、岡本將成選手(20)が、J2アルビレックス新潟から育成型期限付き移籍で加入することを発表しました。移籍期間は2021年1月31日までです。

岡本將成(おかもと・しょうせい)選手は富山県出身の20歳です。
中学・高校年代からアルビレックス新潟の下部組織でプレーし、高校卒業と同時にプロ入り。デビュー戦は2019年6月の鹿児島戦でした。ルーキーイヤーの昨シーズンは10試合に出場、184cmの長身を生かした空中戦やスピードを生かしたカバーリングが持ち味のセンターバックです。

岡本選手はチームを通して「目標でありJ2昇格に向けて、鹿児島のために全身全霊でサッカーに取り組んでいきたいと思います。応援をよろしくお願いします!」とコメントを発表しています。

※「育成型期限付き移籍」とは若手選手の出場機会増加を目的とした移籍制度で、18歳から23歳の選手が所属クラブより下位カテゴリのクラブ(チーム)に移籍する場合に限り、通常の移籍期限外での期限付き移籍を可能にする制度です。