鹿児島のスポーツニュースやレポートをご紹介

高校球児の夏がスタート! 県夏季高校野球大会開幕

(地区代表の座をかけて!開幕初日の大島大会)

球児たちの夏が戻ってきました。県夏季高校野球大会の大島地区予選が7月8日から徳之島で始まり、決勝トーナメント進出をかけて熱戦が繰り広げられました。

県夏季高校野球大会は、新型コロナの影響で中止となった夏の全国高校野球選手権大会、いわゆる夏の甲子園に続く県大会の代替大会です。県内7地区で予選を開き、各地区の代表16校による決勝トーナメントが7月22日から鹿児島市内で行われます。

7地区のトップを切って始まった大島地区予選には6チームが出場。
7月8日の初日は、1回戦2試合が行われました。
第1試合では、地元・徳之島高校が喜界高校の追い上げをキャプテンの一発で振り切り8対4で勝利。9日の奄美高校との代表決定戦に臨みます。
第2試合では、古仁屋・与論合同チームが沖永良部高校に挑みました。1回ウラに2点先制に成功した沖永良部高校が流れをつかみ6回までに5点のリードを奪います。追いかける古仁屋・与論合同チームは7回表に1点を返しますが、反撃もここまで。沖永良部高校が8対1の7回コールドで大島高校との代表決定戦へ駒を進めました。
敗れてしまった合同チームの一校、古仁屋高校の伊村瞭キャプテンは「負けてはしまいましたが、与論高校がいなければ自分たちもこの場所でプレーすることが無かったので、与論高校と一緒に組めて良かったです。」と最後の大会への思いを振り返りました。

大島地区では7月9日に決勝トーナメントに出場する代表2校が決まります。

 

大島地区予選・初日の結果
徳之島  -4 喜界
沖永良部 -1 古仁屋・与論合同チーム (7回コールドゲーム)

大島地区予選・最終日 7月9日・代表決定戦の予定】 徳之島町健康の森運動公園野球場
第1試合 10:00~ 奄美  vs 徳之島
第2試合 13:00~ 沖永良部 vs 大島
※両試合の勝者が決勝トーナメントの出場資格を得る