鹿児島のスポーツニュースやレポートをご紹介

地元の応援が、「支え」になる。

(ソニーの選手たちに指導を受ける小学生たちが、この日はコートサイドから応援!)

チームと地元の「距離」の近さを感じる試合だった。

9月24日(土)に霧島市で行われた日本ハンドボールリーグの試合。
霧島市を拠点に活動するソニーセミコンダクタマニュファクチャリングにとっては、今シーズンのホーム開幕戦。その試合の開場直後にコートサイドや観客席に陣取ったのは、地元の子供たちだった。

普段から、練習でソニーの選手が先生役を務めることもあるからか、子供たちは気軽に選手の名前を呼び、選手たちもそれに笑顔で応える。憧れの選手が応えてくれたことで子供たちは喜び、会場がやわらかい雰囲気に包まれていったのです。


そんな中で始まった北國銀行との試合。

ここ2シーズン負け無しで、今シーズンもまだ黒星のない「女王」と対戦するのは、大城章新監督が指揮をとる“新体制”のソニー。

前半立ち上がりは、守りを固めて互角の戦いを見せましたが、徐々にペースを握られると13連続得点を許し、前半だけで4対16と大差をつけられた。

ハーフタイムの大城監督の指示は、
「こんな試合をして、きょう会場に来て下さった方が、もう一度来たい、見たいと思うか?」

戦術的なことは勿論、応援してくれる地元の人たちのことを考えて、 良いハンドボール、試合を見せたい・・・。
そんな思いがチームを動かしていた。

(新加入選手・ダイバ と これまで所属した錦織選手の連携が得点を生んだ)

明らかに雰囲気の変わった選手たちは、追い掛ける展開のなか、新旧の力の融合で得点を奪い、ピンチの場面では、新加入のGK・関澤が好セーブをみせます。

(前に出て 大きな動きで シュートを止めた関澤(銀のユニホーム))

新加入選手がチームを勢いづけましたが点差を詰めることはできず、結局15対30で敗れホームゲームでの白星とはなりませんでした。

(ホーム開幕戦が今季初出場となった関澤選手)

関澤選手は試合後に、「身近に応援して下さる方が居るのは、自分の心の支えになる。自分のプレーに大きく歓声を上げてくれるのが励みになる。だからこそ、勝ったところを見せたかった」と話してくれました。

普段の交流があるからこそ芽生えた感情。
それは、チームがより強くなるために必要なものだと感じた。

(C) 2019 MBC NEWS. All right reserved.