鹿児島のスポーツニュースやレポートをご紹介

一山麻緒選手が東京五輪出場へ!

3月8日に行われた名古屋ウィメンズマラソンで出水市出身の一山麻緒選手が優勝し、東京オリンピック出場の切符を手にしました。

東京オリンピック女子マラソンの日本代表選考最終レースとなった名古屋ウィメンズマラソン。最後の1枠となった日本代表の条件は、日本人トップでのゴールと、大阪国際女子マラソンで松田瑞生選手が出していた2時間21分47秒のタイムを切ることです。

一山麻緒選手(ワコール所属)は、出水中央高校出身の22歳。冷たい雨の中行われたレースで、一山選手は序盤から先頭集団につけます。そして30キロ地点で集団から飛び出すと、目標タイムを上回るペースで最後まで押し切り、そのままトップでゴール。2時間20分29秒のタイムで優勝し東京五輪出場を決めました。
この記録は日本歴代4位、そして17年ぶりに国内最高記録を塗り替えました。

レース直後のインタビューで一山選手は「きょうみたいな日が来るのが夢だったので、夢みたいです。30キロからが本当の勝負だと思っていたので、本当にその通りの走りができたので、とても嬉しいです。」と、冷たい雨の中のレースにも疲れを見せず、笑顔で答えました。