鹿児島のスポーツニュースやレポートをご紹介

赤尾・田中選手が引退 西岡選手も契約満了 ユナイテッドFC

(チームを引っ張ってきた赤尾公選手 写真中央)

サッカーJ2の鹿児島ユナイテッドFCは、12月7日までに、赤尾公選手と田中秀人選手の現役引退と、西岡謙太選手の契約満了を発表しました。

MFの赤尾公選手は、鹿児島市出身の31歳。現チームの前身・ヴォルカ鹿児島時代からチームの中心選手として活躍。地域リーグからJFLへ、J3参入、J2昇格の原動力、そしてチームの支柱としてピッチ内外で選手、クラブを牽引し続けました。
赤尾選手は、クラブのHPを通して、「突然ではありますが、今シーズン限りで現役を引退します。まずは、今シーズンもたくさんの応援本当にありがとうございました。なかなか皆さんのご期待に応えることが出来ず、申し訳ない気持ちでいっぱいです。ただ、どんな状況になってもいつも前向きに後押ししてくださるサポーターのお一人お一人の姿、僕は一生忘れません。本当にありがとうございました。前身のヴォルカ鹿児島からこのチームに携わってきましたが、今思うと本当にあっという間の時間でした。「鹿児島にJリーグを」この事だけを思って走り続けてきました。困難なことがたくさんありすぎて、辞めてしまおうと思うことは多々ありましたが、困難な状況になればなるほど、いつも手を差し伸べてくれる人が僕の周りにはいました。
鹿児島ユナイテッドFCになって注目度も増し、応援してくださる方々も増えて、もちろん、今現在チームを応援してくださる方々にも本当に感謝していますが、やっぱり僕は前身のヴォルカ、FC KAGOSHIMA時代からチームを応援、支えてくれていた方々に本当に本当に本当に感謝の気持ちでいっぱいです。だって、その2チームがなかったら今のチームはないんだから………ですよね、タノさん…。
苦しい時にそっぽを向かずに向き合ってくれた方々、一緒になって戦ってくれた方々、支えてくれた方々、今のチームがあるのはそういった方々がいてくださったおかげです。改めて、本当にありがとうございました。そして、これからもチームのことよろしくお願いします。
またスポンサー企業の皆様、陰で支えてくださったフロントスタッフの皆さんにも感謝の気持ちしかありません。本当にありがとうございました。
長くなって申し訳ありませんが、これまで関わったコーチングスタッフ、そして何よりやっぱりチームメイト!みんながいなかったらこんな幸せな時間は過ごせませんでした。本当にありがとうございました。最後に、直接皆さんの前でご挨拶が出来なかったこと本当に申し訳なかったと思っています。この場を借りて謝罪します。
言いたいことはまだまだありますが、この辺で!お世話になりました!最後の最後に!明日が鹿児島にとっていい日になりますように!」と、引退に寄せるコメントを発表しました。

田中秀人選手は東京都出身の34歳で、ユナイテッドFCのJ3参入と同時にFC岐阜から移籍、DFの中心としてチームをまとめて来ましたが、ケガからの復帰に向けた苦しい時期も続きました。
田中選手は「今シーズン限りで引退することを決めました。9月に2度目のオペをすることが決まり、最後までリハビリでシーズンを終えてしまいましたが、自分をピッチに戻そうとしてくれたスタッフの方々へ心から感謝しています。ありがとうございました。また、11年間を振り返ると、仲間に恵まれた幸せなサッカー人生でした。中でも、ヴォルカ鹿児島、FC KAGOSHIMAの頃から所属する、田上選手、赤尾選手、水本選手、永畑選手を中心として、みんなでJ2昇格を果たせたことは僕の誇りです。この誇りを胸に今後も努力していきたいと思います。鹿児島ユナイテッドFCを応援してくださっている全ての方々へ、また、僕をこの世界に連れてきてくれた、FC岐阜を応援してくださっている全ての方々へ、心の底から感謝しています。本当にありがとうございました。」とクラブのHPを通じて、コメントを発表しています。

西岡謙太選手は愛媛県出身・鹿児島実業卒の32歳で、ユナイテッドFCがJ3参入を果たした年から移籍加入、J2昇格にも大きく貢献したMFです。
西岡選手はクラブを通して「今シーズンでチームを退団することになりました。鹿児島での3年半は僕にとって本当に大切で大事な時間でした。怪我をして所属先がなかった僕を受け入れてくれて苦しい思いをしながらもたくさんの喜びや感動を経験させてくれたこのクラブに心から感謝しています。本当にありがとうございます。この3年半クラブを支えてくださったスポンサー企業の皆様、ファン、サポーター、クラブスタッフ、コーチングスタッフ、ありがとうございました!そして共にプレーした選手のみなさん。みんなとサッカーができて本当に楽しかったし幸せでした。心からありがとうございます!みんなとサッカーできたことが僕の財産です!最後に僕はチームを離れますが、このクラブはこれからもっともっと成長していかなければいけないクラブです。鹿児島を魅力ある素晴らしいクラブにするためにこれからも鹿児島ユナイテッドFCの応援、サポートの方よろしくお願いします!本当にありがとうございました!」とコメントしました。

12月7日までに、10人の選手の退団を発表したユナイテッドFC。
2020シーズンに向けたチーム編成は、大きく動きそうです。

(C) 2020 MBC NEWS. All right reserved.