鹿児島のスポーツニュースやレポートをご紹介

かごしま国体まで1年 つながる走りを見せる 茨城国体・自転車競技

熱戦が続く「いきいき茨城ゆめ国体」。南部の取手市で行われている自転車競技は10月3日に最終日を迎えました。
来年の「かごしま国体」まであと1年となったこの日、かごしま国体でも活躍が期待されている自転車競技で県勢が来年につながる走りを見せました。

(写真中央:上の紺ヘルメットが上野(うわの)選手)

予選を勝ち抜き女子スクラッチ決勝に進出したのは、鹿屋・おおすみを拠点に活動する自転車のプロチーム・シエルブルー鹿屋の上野みなみ選手。
「スクラッチ競技」はバンクで行われる長距離競技で、20周を一番早く走りきった選手が優勝です。序盤から、レースの流れを読み、上位争いをする選手をマークする上野選手。互いの牽制も続き大集団のまま最終周回に突入します。その中で、地元・茨城代表で国際大会でも活躍する梶原が仕掛けると、それに反応。最後まで追い上げるも4位で、悔しい表情を見せました。

その後もレースが続くなか、会場のスタンドには、来年トラック競技が行われる南大隅町の関係者の姿がありました。
開催まで「1年」となり、最後の大きな大会の視察でとなり、会場レイアウトや導線、運営のポイントなど先催県からの情報収集や引継ぎに余念がありませんでした。

(左から2番目:山本さくら選手)

そんななか、県勢最後に登場したのはシエルブルー鹿屋の山本さくら選手。リオデジャネイロ五輪日本代表で、その後、母となり、競技に戻ってきました。
去年に続いてケイリンに出場。決勝では後方からレースを展開すると、去年より順位を上げる4位でフィニッシュ。来年の地元国体に向けて、目標を新たにしていました。

 

茨城国体・6日目(10月3日) 県勢の入賞です。

【サッカー・成年男子】 3位入賞
3位決定戦 鹿児島 3-1 神奈川

【ウエイトリフティング・成年男子】
81キロ級 下原玄大選手(池畑モータース) スナッチ7位
96キロ級 下原卓朗選手(明桜館高校教員) スナッチ1位 クリーン&ジャーク3位 総合2位

【馬術・成年女子】
自由演技・馬場馬術 上村まゆみ選手 6位

【馬術・少年】
トップスコア 飯隈亮介選手(川辺高校2年) 7位

(C) 2019 MBC NEWS. All right reserved.