鹿児島のスポーツニュースやレポートをご紹介

橋本優弥選手(鹿屋体大4年)がインカレで3冠!

(オムニアム最終種目でガッツポーズをしながらフィニッシュする橋本選手(写真右))

8月24日から26日までの3日間。長野県松本市の美鈴湖自転車競技場で行われた「第75回全日本大学対抗選手権自転車競技大会(全日本インカレ)」のトラックレースで、鹿屋体大4年の橋本優弥選手が3冠を達成しました。

橋本選手は大会2日目に行われた3km個人追抜き、同大1年の石上夢乃選手とのペアで臨んだマディソンでも優勝。

(マディソン競技で橋本選手(右)から石上選手に交代 バトンパスの変わりにタッチする)

最終日の26日には「オムニアム」(=ひとりで4種目を走りそれぞれの種目で与えられる得点の総合を争う)でも優勝を果たし、3冠を達成しました。

(マディソンの表彰式 橋本選手が優勝・石神選手も2位に)

レース後、橋本優弥選手は
「最後のインカレのトラックを最高の結果で終えることができてとても嬉しいです。ここまで成長させてくれた鹿屋には感謝しています。総合トップの日体大とは僅差なので来週のロードでも上位を狙い、大学対抗で逆転し、総合優勝で集大成を成し遂げたいです。」と、更なる目標を掲げていました。

全日本インカレ自転車競技は9月1日に長野県大町市で男女のロードレースがあり、学校対抗総合優勝が決まります。

 

【県関係の8位入賞までの成績】

<男子>
4kmチームパーシュート
8位 4分27秒626 鹿屋体育大学(長松大祐、河藤相真、長松空吾、高良柊也)

チームスプリント
2位 59秒502(=日本新・日本学生新)  明治大学(塩島嵩一郎=南大隅高校卒)
6位 1分01秒406  鹿屋体育大学(岸田剛、真鍋智寛、山根慶太)

スプリント
8位 真鍋智寛(鹿屋体育大学)

タンデムスプリント
6位 鹿屋体育大学(徳田匠、山根慶太)

ケイリン
3位 塩島嵩一郎(明治大学=南大隅高校卒)
7位 徳田匠(鹿屋体育大学)

マディソン(23.33km)
5位 鹿屋体育大学(河藤相真、長松空吾)

∇男子トラック・学校対抗総合成績
8位 鹿屋体育大学

 

<女子>
チームスプリント
2位 47秒979 鹿屋体育大学(橋本優弥、内村風羽香)

スプリント
4位 内村風羽香(鹿屋体育大学)
6位 松井優佳(同志社大学=南大隅高校卒)
7位 成海綾香(鹿屋体育大学)

500mタイムトライアル
6位 38秒631 松井優佳(同志社大学=南大隅高校卒)
7位 38秒769 成海綾(鹿屋体育大学)
8位 38秒876 内村風羽香(鹿屋体育大学)

3km個人追抜き
優勝 3分49秒728 橋本優弥(鹿屋体育大学)
5位 3分56秒168  石上夢乃(鹿屋体育大学)

マディソン(20km)
優勝 43点 鹿屋体育大学A(橋本優弥、石上夢乃)
6位 鹿屋体育大学B(内村風羽香、成海綾香)

オムニアム
優勝 橋本優弥(鹿屋体育大学)
2位 石上夢乃(鹿屋体育大学)

∇女子トラック学校総合
2位 鹿屋体育大学

(C) 2019 MBC NEWS. All right reserved.