鹿児島のスポーツニュースやレポートをご紹介

鹿児島商業勢が圧倒! 県高校総体・バドミントン男子

今年夏に鹿児島を中心に南九州4県で開催される「全国高校総体・インターハイ」出場をかけて熱戦が続く県高校総体。5月30日から6月1日までの3日間、鹿児島市の桜島総合体育館・補助体育館で男子のバドミントン競技が行われました。

初日は団体戦が行われ、決勝は鹿児島商業と鹿児島工業の対戦に。
ダブルス2試合とシングルス3試合で先に3勝したほうが勝利となる試合形式で、鹿児島商業は、2つのダブルスと1つのシングルス、全てストレート勝ちを収め6連覇を成し遂げました。

2日目に行われたのはダブルス。鹿児島商業同士となった決勝は、団体戦でもペア組む有川凌平・直崎広生ペアが、鶴川侑樹・松元亮ペアにストレートで勝利し優勝。

さらに最終日に行われたシングルスも鹿児島商業対決。団体でペアを組む曽田と山元が対戦し、フルセットの末、第2・3ゲームを取り返した曽田博満が優勝しました。

バドミントン競技の全国大会・インターハイは、8月1日から熊本県で行われます。

【大会結果】
<団体>
優勝:鹿児島商業 (全国へ) / 2位:鹿児島工業 3位:鹿児島玉龍 4位:鹿屋
<ダブルス>
優勝:有川・直崎ペア(鹿商) 2位:鶴川・松元ペア(鹿商) ※2位まで全国へ
3位:曽田・山元ペア(鹿商) 4位:永留・高井ペア(鹿工)
<シングルス>
優勝:曽田博満(鹿商) 2位:山元雄太(鹿商) ※2位まで全国へ
3位:牛込武斗(鹿商) 4位:直崎広生(鹿商)

(C) 2019 MBC NEWS. All right reserved.