鹿児島のスポーツニュースやレポートをご紹介

出水商業が4年ぶりに優勝! 県高校総体・弓道女子

今年夏に鹿児島を中心に南九州4県で開催される「全国高校総体・インターハイ」出場をかけて熱戦が続く県高校総体。5月28・29日の2日間、県弓道場では弓道・女子の試合が行われました。

団体は、初日の予選を突破した8校が総当りで対戦。5巡目まで終わったところで鹿児島玉龍・出水商業・加治木工業の3校が1敗で並ぶ展開になり、的中数では出水商業が頭一つ抜け出します。6巡目には、鹿児島玉龍と出水商業の直接対決があり、14対13の1中差で出水商業がさらにリード。加治木工業も勝利し優勝はこの2チームの可能性が高まりました。
そして7巡目も安定した射で勝利を収めた出水商業が、加治木工業を総的中数で上回り4年ぶりに優勝。
8月7日から宮崎県で行われる全国大会・インターハイへの切符を手にしました。

同日に行われた個人戦では、2次予選で残った33人が、徐々に振り落とされる形で競技が進み、6本目まで唯一的中させた鹿屋女子の玉置葵衣選手が優勝しました。

【2019年 鹿児島県高校総体 弓道・女子結果
<団体> ※優勝校がインターハイへ
優勝 : 出水商業 6勝1敗 (101中)
2位 : 加治木工業 6勝1敗 (93中)
3位 : 鹿児島玉龍 5勝2敗 (80中)

<個人> ※上位2人がインターハイへ
優勝 : 玉置 葵衣 (鹿屋女子)
2位 : 上野 綾香 (明桜館

3位 : 佐藤 楓夏 (鹿児島工業)
4位 : 山下 皆愛 (加治木工業)
5位 : 山口 優空 (鹿児島南)

(C) 2019 MBC NEWS. All right reserved.