鹿児島のスポーツニュースやレポートをご紹介

夏につながるパドリング 県高校総体・カヌー

(真夏の陽射しの中、ラストに追い込む)

今年夏に鹿児島を中心に南九州4県で開催される「全国高校総体・インターハイ」出場をかけて熱戦が続く県高校総体。カヌー競技は、5月25日に全国大会の舞台となる「伊佐市菱刈カヌー場」でレースが行われ、県代表が決まりました。

今年の大会には、県内7校から約20人が参加して争われました。なかでも国際大会にも出場する曽於高校2年の尾上楓選手は、予選も決勝もトップタイムで優勝し、インターハイに向けて着実に成長している姿を見せました。

(さらなる成長を誓った尾上楓選手)

大会結果】 ※今年は2位までが全国大会に出場
<K-1>  優勝:原口海音(鹿屋工業) 2位:永野照太郎(曽於)
<WK-1> 優勝:尾上楓(曽於) 2位:土橋愛花(鹿屋)
<C-1>  優勝:日高明希(伊佐農林) 2位:植木一喜(大口)
<C-2>  優勝:大口(久保田・植木組) 2位:伊佐農林(赤木・日高組)
<WK-2> 優勝:伊佐農林(一倉・崎山組) 2位:大口(※あべ松・狩宿組)※あべは木へんに青
<WK-4> 優勝:伊佐農林 ※1チームのみの出場

凡例:K=カヤック/C=カナディアン/W=女子/数字は人数

(C) 2019 MBC NEWS. All right reserved.