鹿児島のスポーツニュースやレポートをご紹介

レブナイズ 平成最後と令和最初に勝利!

(勝利で笑顔のレブナイズ)

バスケットボールB3リーグの鹿児島レブナイズが歴史的な1勝です!4月30日と5月1日に埼玉で行われた、Bリーグで唯一の元号をまたいだ公式戦で、7位のレブナイズは5位埼玉ブロンコスと2連戦でした。

30日のGAME1は序盤から3ポイントシュートが絶好調のレブナイズが、88-72で平成最後の勝利。

翌1日のGAME2も、序盤から高い決定力で得点を重ね、前半を50-41とハイスコアの展開。後半第4クォーターに一時逆転を許しましたが、すぐに流れを取り戻し、87-84で接戦を制しました。令和最初のゲームで、歴史的な勝利です。

GAME2で3ポイント4本を含む16得点と活躍した川上貴一選手は『苦しい展開となったが、その中で我慢できたことが勝利につながった。最終戦にいい形で臨めるよう、反省をいかして準備したい』とコメントしました。

ファイナルステージ3勝7敗で順位を5位に上げたレブナイズは、次節がいよいよ今シーズンの最終節。5月4日(土)18時からと5日(日)13時から、鹿児島アリーナで4位岩手ビッグブルズとの対戦です。連勝すれば4位でシーズンを終えることができます。

 

【平成31年4月30日】

●埼玉  19 21 13 19 | 72

○鹿児島 31 16 24 17 | 88

#0ボイキン:25得点・18リバウンド

#50ベイン:16得点・10リバウンド

#10林:16得点

#6館山:12得点

 

【令和元年5月1日】

●埼玉  17 24 20 23 | 84

○鹿児島 32 18 16 21 | 87

#0ボイキン:23得点

#77川上:16得点

#50ベイン:15得点

#41松崎:14得点

 

≪ファイナルステージ順位表≫(5月1日現在)

1 東京EX   10勝0敗

2 大塚商会越谷 6勝4敗

3 東京CR   7勝5敗

4 岩手     4勝6敗

5 鹿児島    3勝7敗

6 埼玉     3勝7敗

7 岐阜     3勝7敗

https://www.b3league.jp/

https://www.rebnise.jp/

(C) 2019 MBC NEWS. All right reserved.