鹿児島のスポーツニュースやレポートをご紹介

神村学園が秋・春と連覇! 高校野球県大会

(一球一球に歓声が沸いた県立鴨池球場)

九州高校野球大会・春の県大会の決勝戦が、4月5日に鹿児島市の県立鴨池球場で行われ、ノーシードから勝ち上がった鹿児島実業と秋の県大会王者の神村学園が対戦しました。

試合は、冷たい雨が降るなか始まりました。
相手のエラーなどで先制した神村は、3回ウラに、7番・田中の3ベースヒットなどで3対0とリードします。神村はその後も得点を重ね、中盤6回までに6対0と鹿実を引き離します。
一方、打線のつながらない鹿実も7回にチャンスを迎えます。1アウト満塁で、1番バッターの山添のタイムリーで1点を返すと、続く満塁のチャンスで4番・吉木がライトオーバーのタイムリーヒットを放ち、この回だけで合わせて4点を返します。
鹿実は最終回にも1点を返しますが、反撃もここまで。

神村学園が、粘る鹿児島実業を振り切り7対5で勝ち、春の大会は2年ぶりの優勝。新チームになってからは、秋・春の県大会連覇を果たしました。

今年春の九州大会は鹿児島で開催されるため、県内からは4校が出場します。
神村学園と鹿児島実業のほか、県予選でベスト4入りした尚志館と鹿児島商業も出場し、4月20日に開幕します。

(C) 2019 MBC NEWS. All right reserved.