鹿児島のスポーツニュースやレポートをご紹介

レブナイズ レギュラーシーズン7位で終える

(試合後、両チームで激励の記念撮影)

バスケットボールB3リーグの鹿児島レブナイズのレギュラーシーズン最終節が、3月16日17日に鹿児島アリーナで開催されました。

試合前には、来年のかごしま国体と全国障害者スポーツ大会かごしま大会の実施種目のPRブースも設けられ、ボートやバドミントン、車いすバスケットボールなどを子どもたちなどが体験していました。

7位のレブナイズと最下位の東京海上日動ビッグブルーとの試合。

16日は序盤リードを許しましたが、永山の3ポイントシュートや、ボイキン、川上のスピードとテクニックで逆転に成功し、96-90で勝ちました。

しかし翌17日。この試合限りでB3リーグを退会して地域リーグに戦いの場を移す東京海上日動の思いが爆発し、激しいディフェンスから次々にシュートを沈めます。レブナイズは最後まで追いつくことができず、81-95で敗戦。東京海上日動に初勝利を献上してしまいました。

試合後には東京海上日動の激励セレモニーも行われ、50年以上続く名門チームと、互いの健闘を称え合いました。

これでレギュラーシーズンの順位が確定。レブナイズは10チーム中7位で、勝ち点2.0を獲得しました。勝ち点を取れなかったファーストステージとの合計も2.0で、現在年間順位は10チーム中8位です。

次節からは再びプロを中心とした7クラブによるファイナルステージがスタート。レブナイズの次の試合は3月30日31日にアウェイ岐阜で岐阜スゥープスとの対戦です。

 

【3月16日】

○鹿児島    24 25 28 19 | 96

●東京海上日動 30 18 13 29 | 90

#0ボイキン:31得点

#77川上:19得点

#58永山:16得点

#50ベイン:14得点・11リバウンド

 

【3月17日】

●鹿児島    23 14 19 25 | 81

○東京海上日動 27 24 24 20 | 95

#77川上:20得点

#50ベイン:18得点・22リバウンド

#0ボイキン:17得点

 

≪レギュラーシーズン順位表≫(3月17日確定)

順位 クラブ    勝敗  勝ち点

1 東京EX   32勝4敗 5.0

2 豊田合成   28勝8敗 4.5

3 大塚商会越谷 27勝9敗 4.0

4 アイシンAW 25勝11敗 3.5

5 東京CR   21勝15敗 3.0

6 埼玉     14勝22敗 2.5

7 鹿児島    13勝23敗 2.0

8 岐阜     12勝24敗 1.5

9 岩手     7勝29敗 1.0

10 東京海上日動 1勝35敗 0.5

 

≪年間順位≫(3月17日現在)

順位 クラブ  勝ち点合計

1 東京EX   7.5

2 大塚商会越谷 7.0

3 東京CR   5.5

4 豊田合成   4.5

5 埼玉     4.0

6 アイシンAW 3.5

7 岐阜     2.5

8 鹿児島    2.0

9 岩手     1.5

10 東京海上日動 0.5

https://www.b3league.jp/

https://www.rebnise.jp/

(C) 2019 MBC NEWS. All right reserved.