鹿児島のスポーツニュースやレポートをご紹介

アウェーサポにJ2を感ず。「熱況!ユナイテッド」取材コラム(1)

鹿児島ユナイテッドFCの「いま」を、お伝えしている「熱況!ユナイテッド」。
J2に昇格した2019シーズンは、取材担当アナウンサーの松木圭介が感じたことを、取材日記・コラムとして、ホームページ上でご紹介します。

(アウェー・甲府サポーターの応援が鴨池に響く!)

2019シーズン・第3節。
うす曇りで冷たい風の吹く鴨池に、J1復帰を目指すヴァンフォーレ甲府を迎えた鹿児島ユナイテッドFC。選手たちが試合前アップをしているとき、バックスタンドからサポーターの応援が響いてきた。

「…新しいチャントかな?」

と思ったのは、甲府サポーターの声だった。

この日の観客数は4315人。甲府から駆けつけたサポーターはその10分の1以下…明らかに鹿児島サポーターより少ないのに、取材をしているピッチレベルに応援が響いてくる。鹿児島のサポーターも同時に応援しているのにも関わらずだ。
思わず目を向けて気付いた。少ない人数ではあるが、グッと近くに集まって、力強くリズムを刻みながら声を上げている。ひとりひとりの「サポーター暦」は違えど、J1・J2を行き来しているチームと同じく経験を積んだサポーターの姿がそこにあり、厳しい戦いといわれる「J2」というカテゴリーをサポーターから感じた瞬間だった。

その直後…。

「やっぱり、アウェーサポーターが違いますね。」

試合開始まで20分を切った記者室の前で、徳重剛球団代表に声を掛けられた。

その表情は、どこか嬉しそうだ。「声が響いてきますね!声が大きいだけではないですよね。どんな風にやってるんでしょうね?」
「サポーターの皆さんも、これを感じて、次にどうしよう?って考えたりするんでしょうね。」と、私も短く言葉を掛けながら、笑顔になっていた。

そう…目の前に広がっているのは、待ちに待っていた「J2」の舞台。
どんなに厳しい戦いになろうと、J2の舞台でなければ分からないことを感じ、吸収し、自分達のものにして行けばいい。そのスピードに遅いも早いもない…いまは、一歩一歩着実に。

「悔しいです。」ミックスゾーンでの選手の短い言葉に、全てが詰っていた3月9日に。松木圭介

(C) 2019 MBC NEWS. All right reserved.