鹿児島のスポーツニュースやレポートをご紹介

レブナイズ 5連敗で8位転落

バスケットボールB3リーグレギュラーシーズン第14節が17日まで各地で行われ、7位の鹿児島レブナイズはアウェイ愛知県で2位の豊田合成と対戦しました。

エースガードの山田とチーム得点王ウォーレンが移籍して迎えた試合で、レブナイズはアウトサイドからのシュートを積極的に仕掛けましたが、高さと確実性で上回られて連敗。

これで5連敗となり、順位は10チーム中8位に転落です。

鮫島俊秀ヘッドコーチは『ビッグマンがいない中で、何かを構築しようとあがいた。16日はお世辞にもいいゲームとは言えなかったが、17日は目的に向かっていこうという意思は見えた。あとはその精度を上げるだけ。走りながら造り上げていきたい。』とコメントしています。

次節は今季初の平日開催。21日(木)22日(金)午後7時から、鹿児島アリーナで首位東京エクセレンスと対戦します。

【2月16日】

○豊田合成 25 31 27 17 | 100

●鹿児島  19 13 23 17 |  72

#0ボイキン:23得点・13リバウンド

#10林:15得点

#77川上:13得点

 

【2月17日】

○豊田合成 26 20 26 29 | 101

●鹿児島  22 11 18 33 |  84

#0ボイキン:22得点

#77川上:16得点

#58永山:12得点

 

≪レギュラーシーズン順位表≫(2月17日現在)

1 東京EX   25勝3敗

2 豊田合成   21勝7敗

3 大塚商会越谷 20勝8敗

4 アイシンAW 18勝10敗

5 東京CR   15勝13敗

6 埼玉     13勝15敗

7 岐阜     12勝16敗

8 鹿児島    11勝17敗

9 岩手     5勝23敗

10 東京海上日動 28敗

https://www.b3league.jp/

https://www.rebnise.jp/