鹿児島のスポーツニュースやレポートをご紹介

団体は鹿屋工業が優勝 県高校新人ボクシング大会

2019年の南部九州総体・インターハイへのスタートとも言える、県高校新人ボクシング大会が12月14日から16日の3日間、日置市と鹿児島市で開催され、29人が8階級に分かれて闘いました。

この中で、4階級を制した鹿屋工業が団体で優勝。
その他、鹿児島城西が2階級、出水工業と鹿児島商業が1階級で優勝を収めています。

なお優勝した選手は、来年1月18日から福岡県で行われる九州大会に出場します。

大会結果はこちら → 2018年 県新人ボクシング大会最終終結果

(C) 2019 MBC NEWS. All right reserved.