鹿児島のスポーツニュースやレポートをご紹介

ユナイテッドFC 3連勝で2位キープ!

(逆転の一発は、2試合連続となった 38・中原秀人)

サッカーJ3の鹿児島ユナイテッドFCは、9月8日にホーム鴨池で福島ユナイテッドFCと対戦し、逆転勝利で3連勝。ホームでは6月16日以来となる白星をあげました。

ここまで、J2昇格圏内の2位につける鹿児島が、5位の福島をホームに迎えたこの日。
先発には、夏季中断期間中にチームに加入した、薗田卓馬(鹿児島出身・鹿児島城西卒)と中山雄希が入り、新しい力と既存の力の「融合」に期待が集まりました。

試合は、前半立ち上がりから両チームが持ち味を活かした攻撃を仕掛けますが、ともに素晴らしい対応を見せ決定機を与えません。鹿児島は既存の力と新しい力が連携し、サイド攻撃からゴール前にボールを入れますが、なかなかゴールネットを揺らすことが出来ません。

両チーム無得点で迎えた後半。
立ち上がりから、両チームのペースが上がるなか、一瞬の守備の乱れをついたのは、福島でした。
後半5分、ゴール正面のセカンドボールに先に寄った星が迷わず左足を振り抜き、鹿児島は先制を許してしまいます。

追いかける鹿児島は、新加入の薗田や中山、途中出場となった萱沼らFW陣が、前線でハードワークを続け攻守のリズムを作ると、14分にはペナルティーエリア内に攻め入った萱沼が倒されPKを獲得。これを、この日キャプテンマークをつけた薗田が決め、同点に追いつきます。
勢いを取り戻した鹿児島は、縦へのスピードが上がり、サイド攻撃の回数も多くなると、後半24分には右サイドをドリブルで突破した野嶽からのクロスボールを、ファーサイドでフリーになった中原秀人が受け、狙い済ましたシュートを右ネットに突き刺し逆転。
このあと、苦しい場面で粘り強いディフェンスを見せたユナイテッドFCが、2対1で勝利し3連勝。
ホームゲームでは、実に2ヶ月と3週間振りとなる白星で、ファンと喜びを分かち合いました。

これで今シーズン、11勝4敗7分けで勝点41に伸ばした鹿児島ユナイテッドFCは、J2昇格圏内の2位をキープしました。
次の試合は9月15日(土)、ホームにここまで16位のギラヴァンツ北九州を迎えます。

(6月16日以来のホームでの白星にサポーターも沸く)

(C) 2018 MBC NEWS. All right reserved.