鹿児島のスポーツニュースやレポートをご紹介

ホッケー女子・大田選手(樋脇高校)も金メダル アジア大会

(先制点の起点となった大田選手・一番左)

インドネシアで開かれているアジアのスポーツの祭典アジア大会。
8月31日にホッケー女子の決勝戦が行われ、日本代表はインドと対戦しました。

薩摩川内市樋脇町出身で樋脇高校卒の大田昭子選手は決勝戦では途中出場。ペナルティーコーナーでは、正確なパスが先制点につながります。またディフェンスでもボールを追いかけチームに貢献。
日本は、追いつかれながらも第3ピリオドに勝ち越しに成功し2対1でインド勝利。
ホッケー競技ではアジア大会初となる金メダルを獲得しました。

(初の金メダルに笑顔の日本代表 3番が大田選手)

(C) 2019 MBC NEWS. All right reserved.