鹿児島のスポーツニュースやレポートをご紹介

ベスト4が出そろう! 夏の高校野球鹿児島大会

(夏空の下、ベスト4が出そろった!)

夏の甲子園を目指す高校野球の鹿児島大会。
7月22日には、ベスト4入りをかけて、前日の再試合も含む3試合が行われました。

第1試合では、それぞれシード校を破り勝ち上がって来ている公立校・加治木と鹿児島南が対戦。
2対2の同点で迎えた5回表。鹿児島南は、ファーボールで出たランナーをバントで送り、2番・山下がタイムリー3ベースヒットで1点追加すると打線が爆発。打者10人で6点を上げます。

8対2と6点リードされた加治木は、終盤の8回ウラに粘りをみせます。
1番・杉森からの連続ヒットなどで2点を返した後、1アウトから7番・戸田、途中登板のピッチャー池之と続き、加治木も打者10人で5点を返しますが、反撃もここまで。

鹿児島南が9回に1点を追加し9対7とし、8年ぶりのベスト4進出を決めました。

そのほかの結果です。
第2試合、鹿屋中央-樟南は、鹿屋中央が初回の1点を守って勝ちました。
第3試合、前日雨でノーゲームとなり再試合となった鹿屋農業-鹿児島が行われ、4対3で鹿屋農業が勝ちました。

準決勝はあさって24日、そして25日に決勝戦が行われ、100回目の夏の県代表が決まります。

【7月22日(日) 準々決勝2日目 県立鴨池野球場】
鹿児島南 9-7 加治木
鹿屋中央 1-0 樟南
鹿屋農業 4-3 鹿児島

【7月24日(火) 準決勝の対戦カード 県立鴨池野球場】
第1試合 10:00~ 鹿児島実業 対 鹿屋農業
第2試合 12:30~ 鹿屋中央 対 鹿児島南

(C) 2020 MBC NEWS. All right reserved.