鹿児島のスポーツニュースやレポートをご紹介

ベスト8が出そろう! 夏の高校野球鹿児島大会

(渾身の一球が導いたのは…。)

100回目の「夏の甲子園」を目指す高校野球の鹿児島大会。
7月20日は、4回戦・4試合が行われ、ベスト8が出そろいました。

県立球場の第1試合では、第5シードで1・2年生が中心のチーム川内と、チーム初のベスト8進出を狙う鹿屋農業が対戦。

2回ウラ、川内は1アウト3塁1塁の場面で8番・外囿が初球をスクイズ。
シード校が「1点」を取りに来ます。なおも追加点のチャンスでしたが、鹿屋農業が先発・高崎を中心に、しまった守備を見せ追加点を許しません。

すると直後の3回表、鹿屋農業が川内を揺さぶります。先頭バッターからセーフティーバント3連打でノーアウト満塁とし、3番・山本がライト前へタイムリーヒットを放ち同点とすると、続く、2年生で4番の野元のライト線への当たりで、相手右翼はキャッチせざるを得ず、犠牲フライとなり鹿屋農業が逆転します。

1点を追いかける形になった第5シード川内は、鹿屋農業の好守備に阻まれ続けます。
そして9回ウラ、3年生を連続で代打に送った川内でしたが、鹿屋農業3年・先発の高崎がギアを上げて押さえ、2対1で試合終了。鹿屋農業がチーム史上初のベスト8進出を決めました。

試合後、チームを勝利に導いた鹿屋農業3年生エースの高崎大生投手は、
「相手の3年生も2年半きつい練習もしてきたと思うので、あまってる力を出し切って押さえようと思いました。チームの目標は甲子園で勝つことなので、このまま勝ち進んで行きたいです。」と充実した表情で話しました。

【7月20日(金) 4回戦】
<県立鴨池野球場>
鹿屋農業 2-1 川内
鹿児島 2-1 加治木工業

<鴨池市民球場>
鹿屋中央 9-2 薩南工業(8回コールド)
樟南 10―1 玉龍(7回コールド)

きょうでベスト8が出そろいました。日程が順調に進めば、今月25日に県代表校が決まります。