鹿児島のスポーツニュースやレポートをご紹介

かごしま国体への一歩 九州ブロック大会

(息を合わせる鹿児島県代表)

9月に開幕する「福井しあわせ元気国体」への出場権を争うアーティスティックスイミングの九州ブロック大会が、7月15日に鹿児島市で行われました。

福岡・大分・鹿児島の3県が2つの国体出場権を争ったこの大会。
国体予選に県勢として初出場となった鹿児島チームは、今隈紗良選手(鶴丸高校1年)と内村一葉選手(鴨池中3年)がデュエットで出場。
テクニカルルーティーンで、わずかの差で出遅れ、フリーで取り戻そうとしますが、焦りからか二人の息が合わず3位に終わりました。

試合後、内村一葉選手は「今回の大会で、たくさんの課題が見つけられたので、いい経験になりました。」とこれからを見据え、今隈紗良選手は「2020年に向けて、毎回の大会で後輩たちを魅せられるような演技をしていきたいです。」と、2年後に向けての抱負を話してくれました。

アーティスティックスイミング県代表は、福井国体への出場権を得られなかったものの、2020年・かごしま国体への一歩を踏み出しました。

【大会結果】 2018年 福井国体 九州ブロック大会 アーティスティックスイミング 結果

(C) 2019 MBC NEWS. All right reserved.