観光客向け鹿児島弁翻訳ガイド「かごっま弁book」!

皆さんこんにちは!ポニー号から赤塚です🐶

今日は、こちら「かごっま弁book」について、お話を伺いました。

201703212_2

これは、鹿児島市下荒田にある鹿児島外語学院が制作・発行しているもので、

無料で鹿児島中央駅や天文館周辺のホテル、かごっまふるさと屋台村やかごしま特産品市場などに、置いてあります。

今日、インタビューしたのは、鹿児島外語学院 学長の手嶋道男さん。

201703211

実は、この「かごっま弁book」、手嶋学長自ら、制作・デザインを手がけているんです。

大きさは、ポケットにすっぽり入るハガキのL判サイズ。

前12ページの観光客向けの鹿児島弁翻訳の小冊子になっています。

鹿児島弁の翻訳は、まず、共通語に訳されてから、英語・中国語・韓国語にそれぞれ翻訳されており、

外国人観光客にも手に取りやすいような内容になっています。

例えば、

201703219_2

共通語訳すると、「お疲れさま」というあいさつの言葉。

それを更に英訳して「How’re you doing?」といった感じ。

挨拶やほめ言葉って、初対面の人とコミュニケーションをとる時に、使える一言ですよね^^

皆さんが多く集まる場所に、このかごっま弁bookを置いているのも、そういった狙いがあって、

「観光客の皆さんと地元の皆さんが、このかごっま弁bookを、一つのコミュニケーションのツールとして、使っていただけたら嬉しく思います。」と、手嶋さんはおっしゃっていました。

今回の制作で、手嶋さんが特にこだわったのがこのページ!

201703217

来年、明治維新150年を迎えるのに因んでのこのページ。

イラストだけでも、「明治維新ってこういうものなんだ!」と、子ども達でも分かってもらえるように、内容やページのデザインについてもこだわったんだそう。

また、それぞれのページに描かれているイラストがユニークで可愛らしいんです!

201703218_2

これは、鹿児島外語学院に通う生徒さんの中で、漫画を書くのが好きないらっしゃるそうで、

その方やその他の学生さんにも協力してもらったんだそう。

表紙にも、西郷さんや薩摩剣士隼人などが、ゆるキャラっぽい感じで描かれていますhappy01

2017032111

手嶋さんは、

「あくまでも、素人感を残すのがこだわっているところです。また、鹿児島の偉人や歴史については、パンフレットやホームページに載っていないマイナーなものを集めているつもり。あくまでも、良い意味での”B級品”を目指しています!」

とおっしゃっていました。

昨年夏に、第1弾を発行して、今年2月24日には第2弾も発行した かごっま弁book

今後も、第3弾、第4弾と計画しているそう。

是非皆さん、見かけた際には手にとってみてください^^

鹿児島県民の私たちにも為になる一冊だと思いますhappy02

ポケットに入るサイズ、これを持っていると、更にお出掛けも楽しくなりそうですgood

無料で、鹿児島中央駅や天文館周辺のホテル、かごっまふるさと屋台村やかごしま特産品市場などに、置いてありますのでぜひchick

番組へのメッセージをお待ちしております

  • 放送は月~金曜 あさ6:30~9:37
  • ハガキ:〒890-8570 MBCラジオ「モーニング・スマイル」係
  • FAX:099-250-1107
  • 投稿フォームから投稿する
  • Eメール:
  • ハッシュタグは「#モニスマ」で、つぶやいてくださいね。