秋の祭りと伝統行事WEEK③☆徳重大バラ太鼓♪

ポニー1号、松下愛です🚗💨

今週のポニーのスマイル中継は、「秋の祭りと伝統行事WEEK」と題して、これから秋に行われる行事などを紹介しています🍁

.

3日目は、日置市伊集院町で行われる、秋の恒例行事「妙円寺詣り⛩」の中で奉納される伝統芸能についてお伝えしました🎙

お話は、日置市伊集院町徳重にある瀬戸内自治会館から、

「徳重大(※大は「う」と読みます)バラ太鼓踊り」保存会の丸田洋一さん(左)と、加治木一巳さん(中)に伺いました😀

.

徳重大バラ太鼓踊りは、鹿児島県の指定無形民俗文化財にもなっている伝統芸能です✨

太鼓踊りは、およそ1万の兵を連れて朝鮮出兵した島津義弘が、敵地で20万の敵軍に囲まれ苦戦していたとき、高い幟を立て🚩大きな太鼓を打ち鳴らして⏳兵士の士気を高めて敵に攻め込んだのが始まりと言われていて、島津義弘を追悼する日に踊るようになったどうです😌

その追悼する日が、妙円寺詣りの日なんです💡

.

踊りは、8つの場面に分かれていて、「大バラ太鼓」「入鼓(いでこ)」「鉦(かね)」の3つの楽器を使って踊ります🎺

大バラ太鼓は大人が中心となりますが、入鼓は保育園・幼稚園くらいの園児から参加しています👶

踊りの中で特長となる楽器は、やはり名前の通り「大バラ太鼓」です☝

今日は特別に太鼓を持たせて頂きました☀

「持つ」というよりは、「抱える」に近いですね😅

大きさは、直径120cm×幅25cmで、重さは20kg程あります🏋

名前の由来としては、「大(う)」は、漢字の文字通り「大きい」という意味✏

「バラ」は、箕(み)という竹ひごを編んで作られるザルのような農具の事📕

それを貼り合わせて作った大きな太鼓を表しているそうです💡

私は5分と経たない間に、ギブアップで太鼓を下ろしてしまいました😫

太鼓を抱えるだけでも大変なのに、これを抱えて踊るというからスゴイですよね‼

.

太鼓踊りの8つの場面を説明すると・・・

1⃣門入り(縦に並んで演場に入って行く時)

2⃣庭1(踊りの主題への隊形をつくる時)

→外側が大バラ太鼓の列、内側に入鼓と鉦の列となって、二重の円形になります🔅

3⃣まくり(踊りの主題で激しい動きをする時)

→だんだん踊りが激しくなり、外側の列がステップで走り始め、最終的に太鼓がドミノ倒し状態になります📚

誰が一番下敷きになるかは決まっていないので、皆さん一番下敷きにならないように必死だそう💦

4⃣庭2(乱れた隊形をなおす時)

→大バラ太鼓を叩く長の方は、途中から太鼓に加えて、背中には高さ25mになる幟も背負います🎒

幟の頂上と真ん中にロープが繋がっていて、両側から引っ張ることで、真っ直ぐバランスを保っているという事でした⚖

5⃣前四べ(前半の踊りのおわりを表す時)

(2⃣庭1→3⃣まくり→4⃣庭2を再び行う)

6⃣後四べ(後半の踊りのおわりを表す時)

7⃣引鉦(踊りのおわりを告げる時)

→最後は向かい合うような列になり、門出(もんで)へと向かいます🙂

8⃣門出(演場を去る時)

.

写真を見ているだけでも太鼓の大きさは伝わると思いますが、実際の太鼓踊りを見たら迫力が全然違うと思います‼‼

また小さい子の衣装も、カラフルでとても可愛いですよ💕

太鼓と花傘だけ特別に付けさせて頂きました💐

・・・大きさが不恰好なのはご了承ください😂(笑)

.

これまでに撮影した写真を入れたアルバムの中には、こんな物が・・・📑

かねと、かねを叩く「しもつ」という道具の細かい作りを写した写真に、寸法が書かれたメモが貼られています🗒

いざという時に、後に受け継いでいく方たちが困らないように、、昔から参加されていた方たちが、使う道具の作り方などを残しています🗂

こうして地域の方たちに大切に受け継がれていくんだなぁと改めて感じました☺

私も、こういった鹿児島の地域の伝統を受け継ぐ活動を大切にしていきたいです✨

.

今年の奉納行事は、10月21日(土)午後1:30から徳重神社で行われます⛩

ぜひ足をお運び下さい🐾

.

今日のラジオ中継は、こちらから聞くことが出来ます📻

8時40分頃のスマイル中継、9時30分頃のエンディング中継もチェックしてみて下さい😘

番組へのメッセージをお待ちしております

  • 放送は月~金曜 あさ6:30~9:37
  • ハガキ:〒890-8570 MBCラジオ「モーニング・スマイル」係
  • FAX:099-250-1107
  • 投稿フォームから投稿する
  • Eメール:
  • ハッシュタグは「#モニスマ」で、つぶやいてくださいね。