渚のあま塩 最高でした☆彡

ポニー1号から川原田です。‪︎‬ ‪︎

日置市ふるさとウィーク5日目!
モニスマでは最終日。

日置市吹上町入来
「吹上浜渚のあま塩館」からお伝えしました。

お話伺ったのは、
吹上浜天然塩の会 上野達見さんです。
(黄色の洋服の方です)

そして渚のあま塩館で働かれている皆様(^^)



渚のあま塩の

作り方は

① 吹上浜の沖合から海水を6トン程、
タンクに汲み、持ってきて、

塩の炊き釜のほうにポンプで持ってきます。



そして、塩を炊きます。



お写真ご覧下さい。

薪が燃えています。

この中での作業。

なんと3日間!!!!!

もう、暑い暑い熱い熱い。。。

しかも、目が痛く鼻がつーんとするくらい
煙がもくもくと立ちすくんでいました。

この薪で炊く作業を行うことで、

塩水の濃度が2%→23%まで上がるんです。



②そして、1~2週間ほど寝かせて、
不純物を沈殿させた後、


③3日間、プロパンガスで炊きます。

プロパンガスの理由は、
一定の火力で炊くため、
ホコリなどが入らないようにするため
だそうです。



④最後に、にがりをとり、脱水させて、



⑤袋詰めをして、、


完成です*\(^o^)/*




気になる味は、、

塩のしょっぱさはもちろん、
後から、ふわっと甘さがくるんです!!

塩独特のいがみがなく、
食べやすいなと感じました。

そんな、上野さんおすすめ
渚のあま塩の食べ方は、

「おにぎり」



新米持って行き、おにぎりをつくっちゃいました♡

お米の素材の味までも引き立てるお塩に感動!



「これが渚のあま塩なんです!!」

と、答える上野さんが

か、かっこいい、、(ㆆᴗㆆ)✧


この塩じゃないと買いたくない!と言った
リピーターさんもも多いそうです!!!

上野さんの手間暇かけて作られた
「渚のあま塩。」

日置市の様々な物産館や道の駅、
鹿児島市内では、山形屋等で販売されているそうなので、ぜひ手に取って見てくださいね!

朝早くからありがとうございました。

番組へのメッセージをお待ちしております

  • 放送は月~金曜 あさ6:30~9:37
  • ハガキ:〒890-8570 MBCラジオ「モーニング・スマイル」係
  • FAX:099-250-1107
  • 投稿フォームから投稿する
  • Eメール:
  • ハッシュタグは「#モニスマ」で、つぶやいてくださいね。