道路の白い線ってどうやって描いているの~??

こんばんは。

ポニー1号から川原田です。

 

私たち普段ポニー号で様々な土地へと伺うとき、

道路を走ります。空は飛びません。\(^o^)/

 

その道路を走っていてふと感じたんです。

 

『この道路の線、まっすぐだよな・・・綺麗な弧を描いているよな・・・』

 

なぜこんなに道路に描けるのか疑問に感じたので、

お話伺いました。

 

『株式会社 大隅機工』

 

『取締役工事部長 前田和利さん』です。

 

 

大隅機工では、『切断・穿孔事業』、『交通安全施設事業』、『法面保護事業』

『構造物保護事業』、『資機材販売・修理事業』を行っている会社です。

 

今日は、そんな交通安全施工事業から、

『路面標示』を描くということにスポットを当ててお届けしました♪

 

路面標示とは・・・路側帯や横断歩道、駐車場の線など、道路にかかれている全ての線のこと。

 

 

路面標示を描くおおまかな流れは・・・

 

①作図(下書き)

②プライマー散布(白い線を描くための接着剤)

③溶着(白い線を描く)

 

白い線の塗料は、なんと粉状のものから、

加熱して、溶かして、かきまぜて、

流動性にするそうです。

 

 

 

なんと、過熱するときの温度は200度!!

 

そんな塗料を『自走式手押しライナー』という機械についている窯に入れて

白い線を描くそうです。

 

IMG_3878

 

なんと、その重さは300キロ!!!!

 

引く線のサイズに合わせて、機械の種類も変わってくるみたいです。

 

コツは、こちらのポイント!!!ズレのないよう合わせていきます!

そして気合い!集中!だそうです。

 

 

じ、じつは、、、大隅機工さん、田上台にある事務所から、現在春山町の事務所に移転中!

 

なんと、川原田と脇野先輩、、、

大隅機工さんの駐車場の線を1本描かせていただくことになりました!!!!!

 

そんな大役いいんですか!と心臓バクバクさせながら、

練習を行い、いざ本番。

 

真剣に、、慎重に・・・・

1歩1歩ずつゆっくりと前に進んでいきました。

エンジンがあるため、重さはそこまで感じませんでしたが、

塗料の出口には焚かれている火も見えていて、緊張感が高まりました。

 

 

描きおわったあとの表情。(^^)嬉しい気持ち!!!

 

 

じゃーーーん!!!

私のいる方向、左側の線が、私の描いた線です\(^o^)/

 

前田さんから『完璧』いただきました~~~\(^o^)/

 

 

 

しかし、これはサポートありの平坦でまっすぐ限定の線。

 

そして皆さんが描かれるのはもちろん、線だけではなく、

こうした『止まれ』であったり、駐車場の番号などもあります。

 

 

こうした路面標示を任せられるようになるまで、

なんと『3年』もかかるそうです。

 

ひとつひとつが

技術と努力の汗でできているんだなと感じました。

 

 

そして、前田さんは最後に、

 

『車歩行者の安全を保つ為に、区画線等をひいている。

それに沿って安全に走行して欲しい。

またこの記号はなんの記号かな?と路面標示に興味を持ち、知ってほしい。』 

 

とおっしゃっていました。

 

 

こうした中継を通して、路面標示を描く方からの言葉に、

あたりまえに見る道路の線の見方が変わりましたし、

ひとつひとつ熟練した技で描いた線が、私の知識不足で意味が分からず

通り過ぎてしまうのはなんだか悲しいなと感じました。

 

 

これからも、安全運転に気をつけてポニー号を走らせます(^^)

 

なかなか知ることのできない工事現場の世界。

大人の職場体験をした気持ちでした。

このお仕事に興味を持った方はぜひ!!とおっしゃっていましたよ(^^)

 

朝早くからありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

番組へのメッセージをお待ちしております

  • 放送は月~金曜 あさ6:30~9:37
  • ハガキ:〒890-8570 MBCラジオ「モーニング・スマイル」係
  • FAX:099-250-1107
  • 投稿フォームから投稿する
  • Eメール:
  • ハッシュタグは「#モニスマ」で、つぶやいてくださいね。