焼きたてのパン マドンナ 田代梨沙さん

 

今週もお聞き頂きましてありがとうございます!

「日本を元気に!あなたの街のささえびと」レポーターの、鶴園直子です!

このコーナーでは、「私たちの日常を支える人」すなわち“ささえびと”。

地元や地域、街を盛り上げ、元気にしようと頑張っている“ささえびと”をご紹介します。

今週は、「地域の子供たちの胃袋を支える人」、ご紹介しました。

 

今回のささえびとは、

薩摩川内市平佐町にある、焼きたてのパン マドンナの店長、田代梨沙さんです。

実はこのお店、学校給食では欠かせないパンを作っているお店なんです。

 

🍞いつごろから学校給食を作っていらっしゃるんですか?

創業したのは終戦後の昭和23年なんですが、

給食パンを作り始めたのは、昭和32年なので、今年で64年になります。

 

🍞毎日どれくらい作っていらっしゃるんですか?

薩摩川内市の23校と、いちき串木野市の16校に、給食パンと、あとごはんも作っているんですが、

合わせて1日あたり、およそ6300~8800食作っています!

 

🍞今、給食のパンもいろいろな種類あるみたいですねー?

給食といえばコッペパンというイメージがあると思うんですが、

それ以外にも「多様化パン」といって、米粉パンミルクパン黒糖パンチーズパン

地元のおいもを入れた紫芋パンナンなど、たくさんの種類があります。

年度末には、子供たちに人気のメロンパンや、チョコチップパン

あとはバーガーパン🍔縦割りコッペパンがお惣菜をはさめるので、これも人気です。

 

🍞マドンナの給食パンのこだわりってどんなところですか?

給食パンもごはんもなんですが、すべて当日製造にこだわって毎日作っているところです。

 

🍞その日に焼いたパンが、給食に出てくるって、おいしいでしょうねー?

当日パンは、まだ水分が抜けていないので、とてもしっとりしていると思います。

特に米粉パンみたいなもちもち感のあるパンはなおさら、そう感じると思います。

ほんのりとした温かさが残っているところも、おいしさの秘密なんじゃないかなーと思いますね!

 

🍞食べた子供たちや先生たちの声って、伝わってきたりするんですか?

はい!当日製造の学校給食パンは珍しいそうで、違う街から赴任してきた先生が、

ここの給食パンを食べて「ここのパンはおいしい!!」と言って下さるそうです。

また、バーガーパンやミルクパンなど、特にうまく膨らんだ日は、

配送するドライバーに、子供たちや給食センターの方が「おいしかったよー!」と声をかけて下さるそうで、

私たちもやりがいを感じています!

 

 

🍞これからどんな風に学校給食と関わっていかれたいですか?

子供たちの食べ物は、命にかかわることですから、そこは重く受け止めつつも、

社会科見学などを通して、地元の子供たちと触れ合っていければと思います。

また、当日製造パンは失敗が許されない、とても大変な作業なんですが、

まず給食として「安心・安全」を第一に、当日ならではの「ホカホカほくほくのパン」を味わってもらって、

シンプルに「人に喜ばれること」を目指したいです!

ホカホカほくほくのパンが給食に出てくるなんて、

幸せですよねー!🤤💖

 

マドンナの皆さん、これからもおいしい給食で、

子どもたちを元気にしてくださいね!

田代さん、お昼のお忙しい中、お話ありがとうございました。

関連記事一覧