TOYOTA街角ステーション

TOYOTA街角ステーション「ロビンフッド」

投稿日:

今週も、お聞き頂きましてありがとうございました。

トヨタ街角ステーションリポーターの、鶴園直子です。

今回もドライブ途中におすすめ!私が見つけてきたテイクアウトグルメをご紹介しました!😊

お伺いしたのは、

鹿児島市吉野1丁目、

大通りから1本入った、住宅街の中にお店を構えるパン屋さん「ロビンフッド」です🍞

今から36年前にオープンしたロビンフッド。

私にとっても、思い出のパン屋さん😀

近所に走ってくるロビンフッドの移動販売車がとても印象的で、

長く地元の皆さんにも親しまれていたのですが、

惜しまれながら8年前に閉店😢

ロビンフッドのパンがもう食べられなくなるのかと、

さみしい想いをされた方も多かったと思うのですが、

2年前にロビンフッド復活!😊

埼玉や千葉などでパン作りの修業を積まれた息子さん、

家弓武矢さんが2代目さんとして、

日々美味しいパンを作っていらっしゃいます🍞

建物も新しくなりました!

黄色い壁に茶色い三角屋根、

木のぬくもりにあふれる店内には、

先代のお父さんの頃から人気のパンをはじめ、

息子さんお得意のデニッシュ系のパンなど、

70~80種類程手掛けていらっしゃいます😍

んな数あるパンの中で、今でも人気なのが、

ロビンフッドの看板パンとも言えるパン、

「コーヒーサンド」!☕

昔も今も変わらぬ、お店1番人気のパンです。

もう30年以上親しまれている「コーヒーサンド」。

コーヒー味の食パンに、ホイップクリームをはさんだ、

どこか懐かしさを感じるパンです☺

コーヒー味の食パンは、くせのない、すっきりとしたコーヒーを使用。

パンだけ食べると、ちょっと苦さを感じる位のしっかりとしたコーヒー味。

中のホイップクリームと合わせて食べた時に、くどくならないように、

コーヒーの香りと生地の甘さのバランスを調整して、

最後の焼き加減で香ばしさを加えています💕

またしっとりとした食感も自慢!

小麦粉と90℃の熱湯を合わせて作った「湯種」を練りこむことによって、

保湿性を高めてしっとり感を出しているんだそう。

やわらかさともちもちさ、

小麦の甘さや、焼いた時の香ばしさも全然違うのだとか😍

中のクリームも、コーヒーサンドのために作られた、オリジナルのホイップクリーム。

生クリームとバタークリームの間のようなクリームなんですが、

固すぎずゆるすぎず、

でもとてもふわっとした、口どけのよいクリーム。

でもこのクリームを作るのが、1番難しくて、気を使う工程・・・。

クリームは、気温の影響を受けやすいそうで、

クリームの口どけや硬さを見ながら、

どれくらいクリームに空気を抱き込ませるかを、夏と冬で変えているそうです。

夏は気温が高いのでクリームが溶けやすくなる。だから硬めに仕上げる。

逆に冬は気温が低くてクリームが溶けにくいので、ふわっとさせる。

材料は一緒なんだけど、仕込み方を変えているそうです。

コーヒーサンドには、

夏クリームと冬クリームがあったんですね!😊

ある意味、だんだん寒くなるこれからの時期が、

コーヒーサンドのベストシーズン♪

店内にはイートインコーナーもありましたので、

ドライブ途中に、コーヒーサンドでホッと一息・・・。

1度人気のコーヒーサンドを召し上がってみてはいかがでしょうか?☺

<場所> 鹿児島市吉野1丁目。

       県道16号鹿児島吉田線の吉野町帯迫中央交差点を、下田町方面に300mほど走ったところにあります。

<営業時間> 朝7時~夕方5時

<定休日> 火・水曜日

<お値段> 1袋に2つ入って、270円

<お問合せ> 099-244-5050

-TOYOTA街角ステーション

Copyright© たんぽぽ倶楽部 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.