Sweets Cafe otto

今週も、お聞き頂きましてありがとうございました。

トヨタ街角ステーションリポーターの、鶴園直子です。

今回もおすすめのテイクアウトグルメをご紹介!

おしゃれなカフェが手掛ける、見た目にもかわいいテイクアウトグルメをご紹介しました。😊

お伺いしたのは、鹿児島市吉野町、

県立吉野公園の近くにお店を構える「Sweets Cafe otto」です。🙌

オーナーの上村小百合さんが、

昨年5月にオープンさせたカフェです。

ちなみにお店の名前の「otto」は、

イタリア語で数字の8のこと。

漢字にすると末広がりだったり、

ドーナツを縦に2つ重ねたような形に見えたりするところから、

このお店から、

たくさんの人との輪がつながりますようにとの想いが込められているのだそう。👌

ご自宅の横の、小さな離れの建物がカフェになっているんですが、

おとぎ話にでも出てきそうな、三角屋根のかわいらしいお店です。

店内にはカフェスペースの他に、

テイクアウト用の生ケーキや、看板商品の焼きドーナツ、

焼き菓子などがショーケースに並んでいます。🍰

オーナーの上村さんは以前、

鹿児島市内の有名洋菓子店でパティシエの腕を磨かれたとあって、

どれもが本格的。

味はもちろん、見た目のきれいさも楽しみの1つです。

そんな中で、今回私がおすすめするのが、

ちょっと珍しいテイクアウトグルメ!

「手で持って食べられるパフェ・ティラミスパフェ」です。🍦

名前の通り、

手で持って食べることができるパフェなんです。

以前マルシェで出店した際に、

お店で人気のパフェを、

手軽に食べられるようにできないかと考えたのがきっかけだったとか。

当初はイベント限定でしたが、

お客様の反応が良かったこともあり、

お店でも販売する運びとなりました。

ティラミスのパフェになっているんですが、

ソフトクリームを食べる時にも使うワッフルコーンを土台に、

さくさくのグラノーラ、

その上に白玉だんご、

その上にコーヒーゼリー、

バニラアイス、

ティラミスクリーム、

最後に、香ばしく炒った3種類のナッツと、

ドライオレンジ、

ハート型のメレンゲの焼き菓子、

ココアパウダーをトッピングして、できあがりです。

いろんなスイーツを詰め込んだ、何とも欲張りなパフェですが、

1つ1つ手間ひまをかけて、手作りしています。☺

中でもティラミスクリームは、

まさにケーキ屋さん仕込みの本格的なティラミスをクリームにしています。

マスカルポーネチーズはくせのないものをセレクト。

チーズをふんだんに使って、

口当たりの良いなめらかなクリームに仕上げました。

コーヒーゼリーも自慢!

鹿児島市内のコーヒーショップから、

オリジナルのコーヒー豆を取り寄せて、

豆から落として、

固すぎず柔らかすぎない食感のコーヒーゼリーに仕上げています。

これだけいろんなスイーツが入っていますが、

そのどれもがじゃますることなく、

うまく馴染んでいるというのがすごいところ!

この組み合わせは、上村さんも1番試行錯誤されたところで、

とりあえず好きなものを集めて、

何度も何度も組み合わせては、試してみたそう。

例えば食材で甘さを足したり引いたりしながら、

最終的にアイスが半分溶けて、

全部が混ざっても甘すぎない、

おいしいと思える組み合わせを考えるのだそうです。

最後まで飽きずに、美味しく食べる事が出来るのも、

このパフェのポイント!

さくさくあり、もちもちあり、とろーりありと、

いろんな食感が楽しいパフェ!

1度召しがって見てはいかがでしょうか?🤗

<場所>  鹿児島市吉野町。

        県立吉野公園の近くの住宅街にあります。

        県立吉野公園の手前にある、七社神社の筋を住宅街の方に入ると、

        しばらくして七社バス停が見えてきます。

        このバス停のすじを入ると、車で1~2分ほど走ったところにあります。

<営業時間> 昼11時~夕方5時

<定休日> 水・日曜日

<お値段> 1つ 600円

<お問合せ> 080-3908-7358

番組へのメッセージをお待ちしております

  • 放送は月~金曜 あさ10:00~12:50
  • ハガキ:〒890-8570 MBCラジオ「たんぽぽ倶楽部」係
  • FAX:099-250-1107
  • 投稿フォームから投稿する
  • Eメール:
  • ハッシュタグは「#たんぽぽ倶楽部」で、つぶやいてくださいね。