『ステンドグラス展「パラダイス」』鹿児島市下竜尾町・White Galleryで3月29日(木)まで開催中!

『ステンドグラス展「パラダイス」』鹿児島市下竜尾町・White Galleryで3月29日(木)まで開催中!今日は、鹿児島市下竜尾町のWhite Galleryで開催中の『ステンドグラス展「パラダイス」』について、ホワイトギャラリーオーナーの、三坂基文さんにお話を伺います。

三坂基文さんは、武蔵野美術大学の工芸工業デザイン学科卒。30歳ぐらいの時に鹿児島にUターン、当初はレストラン経営をされていたそう。
そこから“ものづくり”をしたくてアトリエを探していたら今のホワイトギャラリーの物件に出会った。

🗣三坂さん「ロケーションがいいのでギャラリーも始め、アトリエも持ち、ステンドグラス制作もやるようになりました。」と、三坂さん。

藪下さんも武蔵野美術大学の卒業生で日本画学科卒。
数年前に鹿児島に移住し、現在は鹿児島市を拠点に活動しています。日本画だけでなく、YABPAN(やぶぱん)として手描きの布や小物の制作もしています。

ステンドグラス展「パラダイス」

『ステンドグラス展「パラダイス」』鹿児島市下竜尾町・White Galleryで3月29日(木)まで開催中!色とりどりの果実や花を描いたステンドグラスの作品が並ぶ「パラダイス」。
薮下さんがガラス用絵の具で絵を描き、焼付け、それを三坂さんがステンドグラスとして、再構成。
今回30点ほどの作品を展示。

🗣三坂さん「一人で作れる量は限られているので、以前鹿児島大学で講師をしていた際の教え子にアシスタントについてもらったりなど、チームを組んで制作しました。」

『ステンドグラス展「パラダイス」』鹿児島市下竜尾町・White Galleryで3月29日(木)まで開催中!

おすすめの作品は「梅」の作品。障子のイメージで、和の空間にも合うようにデザインになっているそう。
光によって表情を変えるステンドグラス。ぜひ、ホワイトギャラリーで観ていただきたい。

展覧会『第34回 2018 春 “む展” 0(無)から出発』

今日20日(火)から25日(日)まで、武蔵野美術大学校友会・鹿児島支部による展覧会『第34回 2018 春 “む展”0(無)から出発』を、鹿児島市立美術館で開催中。こちらにも二人とも作品を展示しておりますので、ぜひお越しください。

開催概要

場所 鹿児島市下竜尾町の「ホワイトギャラリー」
開催日時 3月29日(木)まで
開館時間は午前11時から午後6時
※月曜日休館
入館料 無料
電話番号 099-248-3904
HP ホワイトギャラリー
※Facebookやインスタグラムもチェック!

アクセス

南風病院駐車場を通り過ぎて、左の道の2つめを曲がっていしばらく進んでもらうと白い建物があります。

番組へのメッセージをお待ちしております

  • 放送は月~金曜 あさ10:00~12:50
  • ハガキ:〒890-8570 MBCラジオ「たんぽぽ倶楽部」係
  • FAX:099-250-1107
  • 投稿フォームから投稿する
  • Eメール:
  • ハッシュタグは「#たんぽぽ倶楽部」で、つぶやいてくださいね。