ECOFFから繋がる離島と若者の縁と地域活性

種子島で頑張っている皆さんに、電話を繋ぐ1週間。

「村おこしNPO法人 ECOFF(エコフ)」の理事、山田文香さんが登場。

 

ECOFFとは、「地域活性化をみんなのものに」をテーマに、

全国の離島への学生向けボランティアツアーを企画・運営するNPO法人。

 

ツアーといえどスケジュールはなく、

“島の人と同じように暮らしながら、

島のお手伝いをして島のことを知る”というもの。

 

島旅が好きな文香さんは、

京都で会社員をしながらECOFFスタッフとしても働いていた。

出張で、種子島とたんかん農家のご主人に出会う。

(えっちゃん「運命の赤い糸が・・・♡!」

 

「自分も島に住んで、自分自身でさらに魅力を知った上で伝えていきたい」との思いから

種子島への移住を決め、ご主人と結婚した。

 

文香さんが思う種子島の魅力は“なんでも作れる土壌”

安納芋やサトウキビはもちろん、お米やジャガイモ、イチゴといった

北の作物のイメージが強いものから、南国フルーツのマンゴーやパッションフルーツなど・・・

何かを作ろうと思えば何でもチャレンジできる土壌で、

農業をやる上で非常に面白いそうだ。

 

日本の有人離島の数は400以上!

「今、ECOFFが扱う13の離島以外にも活動の幅を広げていきたい」と文香さん。

ECOFFはまるで糸のように、文香さんとご主人・種子島を、

そして若い学生たちと島の人たちを繋げていく。

 

2月20日10時40分放送「たんぽぽ倶楽部」海童が行く より

「海童がいく」は濵田酒造の提供でお送りしています

番組へのメッセージをお待ちしております

  • 放送は月~金曜 あさ10:00~12:50
  • ハガキ:〒890-8570 MBCラジオ「たんぽぽ倶楽部」係
  • FAX:099-250-1107
  • 投稿フォームから投稿する
  • Eメール:
  • ハッシュタグは「#たんぽぽ倶楽部」で、つぶやいてくださいね。