たんぽぽお出かけ隊

子どもの心にふれる絵~ファンタジーの王様 武井武雄展

投稿日:2018年1月26日 更新日:

毎週金曜日は県外のお出かけ情報をご紹介。

 

山口県の周南市美術博物館で開催中の

『ファンタジーの王様 武井武雄展』(~2/18(日))について

学芸員の松本久美子さんにうかがった。

 

武井武雄は、明治27年長野県に生まれた。

東京美術大学(現在の東京芸術大学)を卒業し、

戦前は、児童雑誌「コドモノクニ」の挿絵などに携わり、

戦後は絵本「チャイルドブック」や「キンダーブック」など子どものための絵を数多く描いた。

「童画」という言葉を自ら生み出した

 

 

しかし武井は、幼少期は体が弱く、家の中で寝ていることが多かったという。

友人も少なかったため、

「ミト」という妖精を創造し、一緒に遊んでいたというエピソードもある。

 

作品は、水彩やクレヨンを使って、美しく緻密に描かれている。

見る人が想像力をかきたてられ、ストーリーを膨らませていく・・・。

 

展覧会には、“本の宝石”と呼ばれる『刊本作品』をはじめ、

版画や詩、童話、武井がデザインした玩具など約240点が展示されている。

特に、『刊本作品』の中には、古代エジプトで紙の材料として使われた

パピルスという植物を育てることから手掛け

制作に4年もの歳月をかけたという貴重なものもある。

 

他にも、『EKABO号』というタイトルの作品は、逆に読むと『OBAKE』となり、

その絵の中には“おばけ”がたくさん描かれているというユーモア溢れる作品も並ぶ

「子どもの心にふれる絵」の創造を目指し、探究し続けた武井武雄の作品にふれて

“童心”にかえってみたい。

 

開館時間:9時30分~17時

休館日:月曜日 (2/12(月)は開館 翌2/13(火)休館)

観覧料:一般1000円、大学生:800円、18歳以下:無料 (常設展観覧料込み)

問い合わせ:0834-22-8880(周南市美術博物館)

 

1月26日11時40分ごろ放送「たんぽぽ倶楽部」たんぽぽお出かけ隊 より

 

-たんぽぽお出かけ隊
-,

Copyright© たんぽぽ倶楽部 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.