海童が行くレポート

薩摩焼の新時代へ 日々続く挑戦~西郷隆文さん

投稿日:2017年11月28日 更新日:

薩摩焼協同組合理事長の西郷隆文さん。

薩摩焼の長い歴史と伝統を守りながら、そこに新しい可能性を切り拓くため、日々研究を重ねている。

 

「薩摩焼をたくさんの人に広めたい。薩摩焼を手に取る人たちを楽しませたい」

薩摩焼の研究や改革に対する情熱・・・

曾祖父である西郷隆盛祖父である西郷菊次郎から受け継いだDNAを感じる。

 

近年薩摩焼も、昔ながらの形に加え、白・赤・緑など色が入ったものや、用途により様々な形のものが増えてきた。

世代や好みによって自由に楽しむことができる状況が整ってきた。

 

いま、西郷さんが取り組んでいるのは、シラスバルーンの研究

シラスを細かくして1000度くらいの熱をかけると中がふくらむ。

薩摩焼の土に混ぜるとその分軽くなるそうだ。

ただ、パサパサになるため作るのが難しい。より良いものを目指して、試行錯誤中だ。

 

29日から12月3日まで、かごしま県民交流センターで開催される「薩摩焼フェスタ」では、

“焼酎を楽しむ薩摩焼の器”がテーマ。

西郷さんは、焼酎の原料、イモをかたどったカップを作った。ご注目を。

 

「伝統を守りつつ新しいものを作るには、窯元それぞれがオリジナルを究めていくことが大事」

薩摩焼の新たな時代へ。西郷さんの挑戦が続く。

 

~11月28日(火)10時39分頃『たんぽぽ倶楽部』海童が行く より~

-海童が行くレポート
-, ,

Copyright© たんぽぽ倶楽部 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.