竹で子どもたちのにぎわいを表現 

野外展覧会「大隅アートライブ展~カミは“すみ”に宿る~」に、アーティストとして参加している愛竹家、橋口博幸さん。

10年前から竹に関わるようになり、竹で造形物を作ったり、竹炭事業や竹の建材事業に携わったりしている。

今回、橋口さんが作り上げたのは、竹を使った高さ8メートルもある大きなオブジェだ。

国の登録有形文化財に指定された木造校舎がある、肝付町の川上中学校。

いま休校となっているが、橋口さんは校庭の「せんだんの木」を囲むように、多くの竹を組み立て張り巡らせた。

これは昔、たくさんの子供たちでにぎやかだった様子を表現したものだ。

オブジェの中には、卒業生の写真が飾ってある。

美しい佇まいの学校を、半世紀にわたり見守ってきた木は、卒業生や地元の方々にとって、思い出がつまった宝物。

「在りし日の中学校に想いを馳せ、子供たちの声が聞こえてくるような雰囲気を感じてもらえたら…」。

作品を作るために学校の部屋を借りて半月ほど滞在し、地元の方々とも交流を深めた。昼は澄んだ空気の中で作業しながら、いろんな野生動物とも出会い、夜は満天の星を眺めながら過ごしたという。その時間は、橋口さんの今後の作品作りにとって、貴重な体験になったという。

夢は、世界中の国々で竹を活用していく手伝いをすること。

空を目指して伸びていく竹のように、橋口さんも夢にむかって、ぐんぐん成長を続けていくに違いない。

 

 

~11月9日(木)10時40分頃『たんぽぽ倶楽部』海童が行く より~

 

番組へのメッセージをお待ちしております

  • 放送は月~金曜 あさ10:00~12:50
  • ハガキ:〒890-8570 MBCラジオ「たんぽぽ倶楽部」係
  • FAX:099-250-1107
  • 投稿フォームから投稿する
  • Eメール:
  • ハッシュタグは「#たんぽぽ倶楽部」で、つぶやいてくださいね。