たんぽぽお出かけ隊

仏たちへの思い 清泉寺跡を訪ねる

投稿日:2017年10月4日 更新日:

毎月、第一水曜に登場してお出かけ情報をご紹介くださるのは、「鹿児島よかもん再発見」の野田卓也さん。

今回のお出かけスポットは、鹿児島市下福元町の清泉寺跡(せいせんじあと)。

ここは5世紀に、百済、現在の朝鮮半島から来日した、日羅(にちら)によって建立されたといわれる寺の跡。日羅は今昔物語などでは、聖徳太子が教えを乞うたお坊さんと言われているとか。

 

貴重な摩崖仏などのほか、奥には島津大和守久章公のお墓がある。

 

野田さんいわく、「県内どこの寺跡もそうですが、もしこのお寺が残っていたら、どんな景色が広がったのかとか、摩崖仏を彫った当時の人々はどんな思いで彫ったのかとか、そんなことを感じてほしい」。

 

 

■清泉寺跡へのアクセス方法

鹿児島交通 向原(むこうばら)停留所から歩いて約10分。

清泉寺跡への入口は金網で閉められているが、鍵はなく出入り自由。

駐車場は2台分ほどある。

 

かごしまよかもん再発見

今日紹介した内容は、ホームページの上部にあります「観光スポット」のカテゴリーから、「史跡」、「鹿児島の寺跡」を選ぶと探しやすい。

 

 

-たんぽぽお出かけ隊

Copyright© たんぽぽ倶楽部 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.