ととナビ

ととナビvol.307 イソガニ

投稿日:2020年5月21日 更新日:

今週も、テレワークでの放送です。

 

先月の300回記念の釣り企画で、「かみさま」と釣りガール上園歩美さんが釣りの餌に使ったカニ、

覚えていらっしゃいますか?・・・コレです↓(人間が食べるために揚げてありますが)

 

なぜか、釣った魚(カンパチ、イシダイ、マダイなど)よりも、それを釣るための餌(このカニもそう)を多く食べていた大富先生でしたが、今日はそのカニのお話です。

そのカニの名は・・・イソガニ

 

 

 

「かみさま」と上園さんは、「その辺にいるカニ」ということで、バケツにいっぱい獲ってきていたんですが、これが先生にとっては宝の山。

まだ食べたことのない、「イソガニ」が交ざっていたんです!。

そしてお願いして調理してもらったのが上の写真(素揚げ)。

 

イソガニは、太平洋の西側に広く分布するモクズガニ科のカニ。

雌よりも雄の方が大きく、甲の幅は3.5cmくらい。

そしてイソガニの雄には、こんな特徴があります↓

ハサミの関節部に白い袋みたいのががありますでしょ?(ブヨッとしてるところ)

これが特徴なんですって。

なんか、ハサミがよくしまらなそう・・・

みなさんも、今度その辺でカニを捕まえたら、ハサミを見てみてくださいね~。

 

-ととナビ

Copyright© たんぽぽ倶楽部 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.