TOYOTA街角ステーション「石窯パン工房Siegel」

今週もお聞き頂きまして、ありがとうございました!

トヨタ街角ステーションレポーターの、鶴園直子です。

今週も、ドライブ途中にぴったりの、おいしいテイクアウトグルメをご紹介します。

今回伺ったのは姶良市東餅田、

旧国道10号線沿いにあるパン屋さん「石窯パン工房Siegel」です。

こちらは創業昭和9年、

姶良地区で85年、学校給食のパンなどの製造をし続けている「加治木南洲パン」が、

2011年にオープンさせたフレッシュベーカリーのお店です。

「加治木南洲パン」は現在も、

姶良・加治木・蒲生のすべての学校給食のパンを手掛けていらっしゃるそうで、

姶良地区で育った子供たちは、こちらのパンを食べて大きくなったんですね~!

そんな加治木南洲パンが手がける「石窯パン工房シーゲル」、

私も今回初めて伺ったんですが、

いろいろこだわっていらっしゃるお店で、

例えば、スペイン製の石窯で焼いていらっしゃったり、

材料の小麦を、

鹿児島県さつま町で作られている小麦、

「さつまの恵」という小麦を使っていらっしゃったり・・・。

しっとりふんわり、

小麦の香りが強い、小麦の味が濃い、おいしいパンが自慢です。

それから、パンの種類が多いのも特徴で、

なんと常時100~120種類ものパンを並べていらっしゃるそうです。

ちなみにサンドイッチだけで22~23種類もあるんですって!

選ぶのも迷っちゃいますよね!

その中から、数あるパンの中から、

今日ご紹介するパンは、

大人も子供も大好き!

お店で不動の1番人気「牛肉ゴロゴロカレーパン」です。

その名の通り、牛肉がゴロゴロのカレーパンなんですが、

ちょっと特徴的なカレールーが、人気の秘密のようなんです。

詳しいお話を、

店長の今井友章さんに伺いました。

人気の秘密の1つ、

自家製のカレールー。

お客様から「ごはんにかけて食べたいから、中身のカレールーだけ売ってもらえませんか?」と、

お問い合わせがあるほどです。

こちらのルーの特徴は、

トマトをたっぷりと使っていて、ちょっと酸味のあるカレールーになっていること。

トマトを使うことで、もったり感が出ない、すっきりとした味わいになっているので、

お肉の脂がちょうどいい具合に中和されるようなイメージです。

また、「黒にんにく」を使ったり、

玉ねぎをたくさん使ったりして、コクを出す工夫をしています。

中の具がゴロゴロしていて、食感がしっかり感じられるのも、

おいしさの秘密!

商品名にもなっている牛肉は、牛バラ肉。

ゴロリと大きなブロック状の牛バラ肉は、

数日前から、カレー粉や数種類のスパイスで下味をつけているので、

中までしっかり味がついています。

また、玉ねぎと人参といったお野菜は、

煮込む前に一旦、オーブンで焼き上げてからルーに混ぜ合わせているので、

お野菜の甘みが出ておいしいです。

煮込み時間をそれほど長くはせずに、

お野菜そのものの味や甘み、食感が出るようにしています。

とても具がゴロゴロと入ったカレールーは、

牛バラ肉はほろりと柔らかくて、

野菜はざくざくとした食感があって、食べ応えがありますが、

後味はすっきり。

とてもさわやかなカレーパンです。

ちなみにカレーパンの生地は、

ほんのり甘いドーナツの生地を使うことが多いそうなんですが、

シーゲルのカレーパンには、

とてもシンプルなソフトフランスの生地を使っているので、

甘さは控えめで、ほんのり塩味。

引きの強い、もちっとした薄めの生地になっています。

さらに、

自家製の食パンを使った、粗目のパン粉で香ばしく揚げているので、

外はサクサク、パンはもっちり。中は具沢山!

シーゲルのこだわりがいっぱい詰まったカレーパンです。

皆さんも1度、人気の牛肉ゴロゴロカレーパン、

召し上がってみてはいかがでしょうか?

改めて場所のご紹介です。

<場所> 姶良市東餅田。旧国道10号線沿い、運転試験場前交差点すぐの場所。

<営業時間> 朝7時~夕方6時

<定休日> 火曜日

<お値段> 1つ 184円

<お問合せ> 0995-73-3911

※来週は、トヨタカローラ鹿児島大隅店にお邪魔します。来週もお楽しみに!

番組へのメッセージをお待ちしております

  • 放送は月~金曜 あさ10:00~12:50
  • ハガキ:〒890-8570 MBCラジオ「たんぽぽ倶楽部」係
  • FAX:099-250-1107
  • 投稿フォームから投稿する
  • Eメール:
  • ハッシュタグは「#たんぽぽ倶楽部」で、つぶやいてくださいね。