ととナビ

ととナビvol.284 喜界島のメジロザメ

投稿日:2019年12月5日 更新日:

12月に入りました。

今日は、大富先生が「とても行きたい」と思っているのに、

なかなか行くきかいがない

でもこのたびやっと、「行くきかい」を得た

きかい(喜界)島でのお話。。。

※今日は放送の方は、ずっとこんな感じだと思います。お付き合いください・・・😂

 

どんな機会だったのかというと、喜界高校での出前授業。

🙇🏻:「やっと来る機会ができて喜界高校に来ました~」

って言ったそうです、高校生に😓・・・(「ややうけ」だったらしいですよ、ホントですかね~?)

授業のお題は、

「南北600キロの海の生き物~約1000種の魚を食べた教授からの報告~」

ふむふむ

 

喜界島でテンションあがる大富先生ですが、その道中でもちょっといいことが・・・👇🏻

 

それは、この飛行機!SAAB340Bというプロペラ機(スウェーデン製)です。

27年前に就航し、今年度いっぱいで引退する飛行機だったんですって。

 

喜界島では、漁協の組合長さんをはじめ、ほんとうにいろんな方々にお世話になったそう。

その充実した調査、食べたことのない魚との出会いは、これから3週にわたってご披露いただきますね。

 

 

そんな喜界島の漁業者のみなさん、一本釣りや素もぐり漁が多い(11月だと、バショウカジキやカマスサワラ、ハマダイやアオダイ、カンパチなど)のですが、悩みの種は、サメ🦈による食害。サメを港まで持って帰ると「駆除をしたことによる代金」がもらえるんだそうですよ。(その後は、廃棄してしまうそう😪)

捕獲されたメジロザメ

このメジロザメを、そのまま見過ごすはずがないのが大富先生。

メジロザメの肉片を少しだけ分けて(切り取って)いただいちゃったそうです👇🏻

イテテテ・・・

そして、これだけの肉片が、こんなふうになりました~👇🏻

あら、おいしそう😍

 

🙇🏻:「刺身は、しこしことした歯ごたえにほんのり甘みが、そしてから揚げも、味、歯ざわりともに結構◎👌🏻。」

普段はサメを食べない喜界島の皆さんも、おいしい!って驚いていらしたそうですよ。

これはもう、サメを喜界島の名物にするしかない?!

・・・喜界島のお話、まだ続きます。

 

🙇🏻:「さて、今日私は何回「きかい」って言ったでしょうか?」

正解は、ラジオ(ラジコのほうがいいかな?)でどうぞ。

 

-ととナビ

Copyright© たんぽぽ倶楽部 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.