MBCニューズナウなどの特集をご紹介します

新型コロナ 鹿児島県が飲食店と宿泊施設へ新たな支援策

鹿児島県は8日、新型コロナウイルスの感染防止策に取り組む飲食店や宿泊施設への新たな支援策を発表しました。

新たな支援策は、新型コロナウイルスの感染症対策として、換気の設備や非接触型の体温計、フェイスシールドなどを購入する飲食店に最大10万円、宿泊施設に最大40万円を補助するものです。現金をやり取りしないキャッシュレス決済を導入する飲食店には、20万円を上限に経費の8割を補助します。
厨房や食堂に換気設備などを導入する宿泊施設に対しては、500万円を上限とし、改修費の8割を補助します。

対象となる飲食店はおよそ8000店、宿泊施設はおよそ1700か所で、ことし4月にさかのぼって支給されます。財源は国の交付金を活用する予定で、総額20億円になる見込みです。