MBCニューズナウなどの特集をご紹介します

屋久島でウミガメを救助

屋久島町永田の前浜で今月17日、波消しブロックに挟まり動けなくなっているアカウミガメをウミガメの調査保護活動を行うNPO法人屋久島うみがめ館のスタッフが見つけました。

産卵のため上陸した際に挟まってしまったとみられ、発見したときには元気がない状態でした。
屋久島うみがめ館のスタッフが前肢にロープを巻いて2人がかりで引き上げました。助け出したウミガメに大きなけがはなく、力強く砂浜を歩き始めたということです。

(屋久島うみがめ館 日髙俊郎代表)「無事に海に帰ったことによってまた産卵にやってくると思いますので、それでまた新しい命が生まれてきますので、命がつながっていくことができてよかった」

屋久島うみがめ館はウミガメの大きさなどを調査した後、海へ帰っていく姿を見送ったということです。