MBCニューズナウなどの特集をご紹介します

日置市 伊作太鼓踊り

県の無形民俗文化財に指定されている「伊作太鼓踊り」は、毎年8月28日、日置市吹上町の南方神社大祭の日に地域の保存会が奉納しています。

伊作太鼓踊りは、1406年、伊作島津家4代当主・久義が、戦に勝った踊りとして考案したと伝えられています。踊り手は、中と外に分かれ、外側で踊る「平打ち」と呼ばれる踊り手は薩摩鶏の羽を背負うなど胸に抱えた太鼓を打ち鳴らして、勇壮に踊りました。

撮影は、鹿児島市のMBCふるさと特派員・堂福勝さんでした。