MBCニューズナウなどの特集をご紹介します

慶応4年5月8日 彰義隊を解散へ

きょうは慶応4(1868)年5月8日です。上野・寛永寺を拠点にする旧幕府側の武装勢力、彰義隊を解散させるため、旧幕府側からも説得が行われています。

旧幕臣の天野八郎に率いられた彰義隊は、上野・寛永寺を拠点に旧幕臣や浪人など2000人を超える勢力となっています。
新政府軍と本格的な戦闘になれば100万人以上が住む江戸が戦火に包まれるおそれがあり、新政府、旧幕府ともに彰義隊の取り扱いが懸念となっています。

そんな中、旧幕臣の山岡鉄舟が、彰義隊を解散させるため徳川家の使者として、おととい寛永寺を訪れました。
山岡は、西郷隆盛と交渉し江戸総攻撃回避に道筋をつけた人物です。
山岡は、寛永寺の実力者で主戦派の僧・義観に面会を求めましたが、義観は応じませんでした。さらに山岡は、若い彰義隊士から、「将軍家を悲しい状況に落とし、恩を仇で返した」と罵詈雑言をあびせられたということです。思わず刀の柄へ手をかけた山岡でしたが、涙をのんで寛永寺を去りました。

山岡はその足で西郷隆盛を訪ね、「彰義隊はやがて上野で倒れるだろうが、先祖代々徳川家との恩義の絆につながれてのことであり、かわいそうでもある。今しばらくの猶予をいただき、それでも聞き入れない場合は、自分が官軍の隊長として彼らを討ち果たします」と懇願したということです。