MBCニューズナウなどの特集をご紹介します

慶応4年4月3日 新撰組 近藤勇が投降

きょうは慶応4(1868)年4月3日です。新撰組の局長、近藤勇が新政府軍に包囲され、投降しました。

新撰組局長の近藤勇は、3月、新撰組から名を変えた甲陽鎮撫隊を率い、甲州勝沼で新政府軍と戦いましたが敗北。その後、江戸へ逃れ、大久保大和と名前を変え、旧幕府兵など200人近くの兵を集めていました。

近藤はきょう、兵と共に下総国流山にいたところ、新政府東山道軍の香川敬三率いる部隊に包囲されました。
近藤が流山にいた理由は分かっていませんが、兵を率いて会津に向かう途中だったとみられます。

近藤は、正体を隠し、「大久保大和」として今夜にも東山道軍に出頭する方針で、治安維持にあたる旧幕府の部隊だと弁解し、包囲から逃れる考えだということです。

いっぽう、近藤らを包囲する香川は、元「陸援隊」の隊士で、京都で活動する志士を取り締まった新撰組には恨みを持っていて近藤の正体が分かれば厳しい対応が予想されます。
以上、幕末維新ニュースでした。