5/14(木)は簡単お手軽料理!チーズチキン▽鹿児島弁で紙芝居

パイナップルつばさのチャチャっと男めし

おうちで晩酌する方のために、「つばさのおうち居酒屋」を開店して、お酒に合う、簡単おつまみメニューをご紹介しました。

チャチャっと男メシ「チーズチキン」

 

バズって鹿児島!カゴシマニアックス情報

「カゴシマニアックス」の管理人・中園信吾さんに、かごしま街歩きの達人、東川隆太郎さんとのコラボ企画「かごしま世間遺産探訪記」という連載について伺いました。

【かごしま世間遺産探訪記】の記事一覧

 

てのん

てのんは、「かごしま人ものがたり」をテーマに人知れずこつこつ頑張ってる方の活動や、お年寄りの暮らしの知恵、また戦争の体験談などが紹介されています。


今回は、ほんのひとときでもほっとしていただければとアップされた「かごしま弁で紙芝居」の記事をご紹介しました。

 

龍郷町マスク配布

エフエムたつごうのパーソナリティ・榮淳子さんに龍郷町独自の取り組みをご紹介いただきました。

奄美でもマスク不足は深刻化しており、現状を打破しようと龍郷町が町民の皆さんへマスク制作の依頼をお願いしました。
作っていただいた布マスクは龍郷町が買い取ろうというものです。
募集で集まった裁縫の達人さんたちは86人!さすが大島紬の町ですよね!

制作期間わずか一週間と短期間にも関わらず、たくさんの手作りマスク約2400枚が集まりました。
その贈呈式が先日27日、龍郷町役場にて行われました。
マスクはこの日集まった各集落の区長さん達を通して、高齢者の多い地域の住民のみなさんに配布されます。

他にも奄美市のスポーツウェアの製造を行う「株式会社アイズカンパニー」さんからは、子供たち向けにスポーツマスクが寄付されました。なんとこのマスクには龍郷町のロゴ入りなんです!
また、奄美市名瀬浦上にある自動車販売の「ハトハマオート」さんからは、マスク2,000枚の他に、通院や介護などで外出が必要な方へ販売用の介護車の無料貸し出しを始めました。

奄美大島の中でも龍郷町は特に高齢者が多い地域。『3密』を守りながらも、地域のお年寄りや子供たちを町のみんなで見守る密接さが、町内外に関わらず助け合う「結の輪」となっています。

関連記事