MBCテレビで月~金 15:50~16:50の生放送!「ひと足早い」ニュース、「より幅広い」地域の話題、「暮らしに役立つ情報」美味しくて役立つレシピを“ふるさとたっぷり”にお送りします。MC下山英哉と豊平有香がお届けします。

12/17(月)はクリスマスの季節に食べたい「鶏のクリーム煮」

川内川あらし

先週の土曜日の冷え込んだあさに現れた「川内川あらし」です。
壮大な冬景色を上空からドローンで撮影しました。

放射冷却による冷え込みで発生した川内川の川霧が、東シナ海に向けて流れ下る現象です。寒い季節の風物詩となっています。

撮影したのは薩摩川内市の月屋山。川内港近くの標高160mの小高い山です。
移動性高気圧に覆われて風も弱く、晴れ、撮影時の気温は氷点下1℃ということで、カメラマンによりますと手がかじかむほど寒かったそうです。
冬型が強まって北西風の強いときは現れないということで、今月はこの日(15日)が初めての出現だったということです。

薩摩川内市では川内あらしを町おこしやPRにつながればと活動を展開しています。

 

おしゃれな洋食「鶏のクリーム煮」

クリスマスの季節にぴったりのおしゃれな洋食「鶏のクリーム煮」が登場。ひと手間かけた付け合せで食卓を華やかに演出できます。

おしゃれな洋食「鶏のクリーム煮」

 

いずみテレビ中継

出水市のインターネットテレビ「いずみテレビ」の椎木重治さんから出水から2つの話題をご紹介いただきました。

 

着物を着て武家屋敷を歩こう会

出水麓の武家屋敷で先月、着物を着て武家屋敷を歩こうというイベントが行われ、中国上海からの観光客25人を含め、75人が参加しました。
参加者らはまず、用意された着物150着から自分のお気に入りのものを選び、着付けを行います。
参加料は8000円ですが、着物・帯・足袋はもって帰ることが出来るとあって人気のイベントとなっています。

参加者らは思い思いの和服に着替え武家屋敷群を歩いて、または牛車にのって散策しました。
さらに税所邸では茶会も行われ、琴の演奏の中、お茶とお菓子を楽しみました。

 

江内小学校4年生がもち米づくり体験

出水市高尾野町江内地区では毎年12月に餅つき大会を行っています。
その餅米を、今年初めて、江内小学校の子供たちが作ることになりました。
田んぼは、地元の農家が無償で提供、6月には4年生12人が参加し、田植えを行いました。
ほとんどが田植え初体験。泥に悪戦苦闘しながらもみんな上手に植えていました。

それから3ヶ月後のいよいよ稲刈りです。カマを使って手で刈り取りました。
子供たちのとっては一番きつい作業で農家の大変さを実感していたようです。
稲は10日ほどかけ干しされて、その後、脱穀。昔ながらの足ふみ脱穀機を使って行われました。

180キロのもち米が収穫されました。そのうちの40キロを使って先日、地域の方も参加してのもちつき大会が行われました。ついたもちはみなさんに振舞われました
もちつき大会もこれまで以上にもりあがったようです。

この翌日には地域のお祭りで子供たち自ら、作ったもち米を販売しました。
用意したもち米は全て完売する大盛況だったそうです。
また、残りのもち米は出水市が交流している福島の学校に贈られることになっているということです。