MBCテレビで月~金 15:50~16:50の生放送!「ひと足早い」ニュース、「より幅広い」地域の話題、「暮らしに役立つ情報」美味しくて役立つレシピを“ふるさとたっぷり”にお送りします。MC下山英哉と豊平有香がお届けします。

9/11(火)は切り干し大根の和風デリサラダ、秋の行楽情報

簡単!レンチンレシピは「切り干し大根とひじきの和風デリサラダ」

和風の味付けになりがちな切り干し大根とひじきをオシャレなデリサラダ風の一品に仕上げます。ひじきを手軽にもどすワンポイントも紹介。

簡単!レンチンレシピ「切り干し大根とひじきの和風デリサラダ」


長野滝

FMさつませんだいの泊亜希子さんが長野滝から中継。

長野滝、今までは知る人ぞ知る、隠れ人気スポットだったんですが、大河ドラマの撮影地となったことで、一躍人気の観光名所となりました。

訪問客の増加にあわせて、この夏には滝までの道路も整備され、お子さま連れでも訪れやすくなりました。
整備に当たられた地域の皆さんを代表して浦橋好三さんに伺いました。

薩摩川内市商工観光部シティ・セールス課の井ノ下さんにもお越しいただきました。
井ノ下さんは、大河ドラマの撮影にも立ち会われたそうです。
井ノ下さん「鈴木亮平さんが滝行をするシーンの撮影が行われた場所なんです。11/3に撮影が行われ、撮影後には名湯である入来の温泉街から温泉を運び、鈴木さんはじめスタッフの皆さんに入って頂き、身体を温めて頂いたんですよ。」

滝つぼ近辺にくると、ぐっと涼しくなり、マイナスイオン効果を感じます。
秋の行楽シーズン、ぜひ長野滝に訪れてみてください。

西郷どん!といえば。薩摩川内市で公開トークショーが行われます。
「がんばれ、つん!明治維新150周年記念西郷どんトークショー」
10月14日(日)川内文化ホール 大ホール
詳しくはこちらから


秋の行楽情報

行楽の秋、新しく誕生した観光バスやドライブにぴったりの車、そして大人な雰囲気が楽しめるお出かけスポットを太さんがご紹介します。

かごんまそらバス
【予約番号】かごしまスカイ旅行株式会社 099-208-3003
詳しくはコチラ

Honda Cars さつま 谷山店
鹿児島市東開町4-84 099-266-1001 【休】水曜日

本坊酒造 マルス津貫蒸留所
Cafe Bar&Shop 本坊家旧邸「寶常」
南さつま市加世田津貫6594 0993-55-2121
詳しくはコチラ


あやまる祭りなんこ大会

アマミテレビの清水晴さんに先月行われた「なんこ大会」の話題を伝えていただきました。
今回、ご紹介するのは、笠利町の17集落24チームが参加した「あやまる祭りなんこ大会」です。老若男女206名が参加して盛りあがりました。

「なんこ」は、古くから伝わる伝統の遊びです。奄美大島では、祝い事や宴会の席で行われ、盛り上がります。
先攻・後攻に分かれ、お互いが玉と呼ばれる3本の棒を持ち、後攻が「何本持っているか」を隠しながらなんこ盤の上に出します。そして先攻がなんこ台の上のお互いの玉の合計を当てるという遊びです。
なんといっても奄美大島の「なんこ」の醍醐味は「かけひき」です。
リズムよく言葉のかけあいをしながら表情をよみとり、相手の玉の数をあてていきます。

今年の「あやまる祭りなんこ大会」熱戦を制して優勝したのは、「里Bチーム」でした。


いずみマチ・テラス

10月後半から11月初旬にかけて、出水市を竹灯篭のあかりでつなごうというイベントが行われます。
イベントの実行委員会の皆さんにお越しいただきました。

「いずみマチ・テラス」は今回で4回目で竹灯篭の祭典です。
期間中は肥薩おれんじ鉄道の出水、米ノ津、西出水、高尾野、野田郷の5つの駅周辺を中心に、出水麓の武家屋敷などいずみの街が竹灯篭の光りで照らし出されます。

旧高尾野町と旧野田町が合併した出水市。
その10年目となる年に、竹灯篭の灯りで出水市をつないで一つになって前に進んでいこうというと地域の若者たちが中心となってスタートしました。出水市民の数と同じ、5万5千の数の灯篭を作りました。
また、おととし、第2回は「最も長い竹製ランタンの列」と「ランタンの最大展示」で世界記録を2つ達成しギネスに認定されました。

今年も5万5千の数の灯篭で街中を照らします。
また、出水市商工会議所が台湾との交流をはじめたことがきっかけで今年はじめて、台湾のランタンも設置します。

去年に引き続き「竹灯篭コンテスト」を開催します。
今年は明治維新150年ということで「維新の光~未来へつなぐ先人たちのおもい~」をテーマに竹灯篭で表現していただきます。

詳しくはこちら