MBCテレビで月~金 15:40~16:50の生放送!「ひと足早い」ニュース、「より幅広い」地域の話題、「暮らしに役立つ情報」美味しくて役立つレシピを“ふるさとたっぷり”にお送りします。

7/19(木)は男の料理大崎町のマンゴーでつくる贅沢「黄熊」

パイナップルつばさのチャチャっと男めし

今週MBCは大崎町ふるさとウィーク。大崎町の話題が盛りだくさんとなっています。そこでパイナップルつばさのチャチャっと男めしでは大崎町のマンゴーを使って、贅沢な「黄熊」をつくります。

その使うマンゴーを今朝、ポニーメイツの池ノ上里穂さんが取材に行ってくれました。

安田農園のマンゴーは土壌にこだわっています。
健康な樹木だからこそ、甘さが格別の絶品マンゴーが出来上がるそうです。

チャチャっと男メシ「大崎町のマンゴーを使った黄熊」


TJカゴシマ最新号

TJカゴシマ編集部の下迫田晃一さんに伺いました。

今回は「今いきたい夏スポット」
夏におすすめの、涼スポットとその周辺で味わえる冷たいスイーツなどを、4つのエリアで紹介しています。

そしてもうひとつの特集が「夏情報最終案内」です。
花火、そうめん流しなど、夏を充実させる情報が満載となっています。
県内各地のそうめん流しも網羅していますので迷ったら、これでチェックしてみてください。

詳しくはこちら


祝!FMきりしま5周年

霧島市のコミュニティFM「FMきりしま」が、先日、開局5周年を迎えました。そこでMCTのカメラが潜入取材!

FMきりしまは2013年6月に開局したコミュニティFM放送局で、防災情報をはじめとする生活に密着した地域情報を発信しています。
局内はどうなっているのか、パーソナリティの堀之内有里さんに案内していただきました。

スタジオで収録したものを編集しているのは、ミキサー担当の武亮介さん。
CM制作には2~3日かかるそうですが、放送されると達成感があるそうです。

武さんの隣のスペースには、リスナーの皆様から寄付していただいたCDが約1万枚!
ご自宅に眠っているCDなどありましたら、お持ちください。

そして、生放送中のスタジオへ潜入!
パソコンをおいて、お送りいただいたメッセージをすぐにご紹介出来るようにされていました。

最後は一番偉い人!ということで、鳥丸恵介事務局長に突撃!

鳥丸恵介事務局長「5周年を迎えまして、開局当時の気持ちを思い起こしながら、次の5年に向かって皆で力を合わせてチャレンジしていきたいと思います。リスナーの皆様のメッセージや情報提供が我々の力になっておりますので、これからも一緒になってFMきりしまを盛り上げていただきたいと思います。」


海と日本プロジェクトin鹿児島

東京支社から三宅あみさんに伝えていただきました。

7月7日に東京虎ノ門にある日本財団ビルで「親子で学ぶ海のそなえ教室」が開催されました。
このイベントは、毎年凡そ30人の子どもたちが海で命を落としていることをうけ、親子で海の安全について学んでもらう為に開催されました。

このイベントは、日本財団が2015年から推進している「海と日本プロジェクト」の一つで、親子で海の安全について学ぶ事を目的として、今年初めて開催されました。

2012年に、幼稚園のお泊り保育の川遊び中に川が増水し、1人息子を失った吉川優子さんが講演しました。
慎之介ちゃんは、当時5歳。幼稚園では、子どもたちのライフジャケットを用意していなかったといいます。
吉川さんは、安全への意識や知識を、保護者だけでなく地域や学校などでも持つことが大切と訴えました。

十管本部によりますと、鹿児島県内では釣りや遊泳中など、海のレジャーに伴う事故でこの10年間で147人が死亡しています。
また、過去10年間では、ライフジャケットを着用していなかった場合、およそ半数の人が命を落としたのに対し、着用していた人は90パーセントが助かりました。

イベントに参加した21人の子どもたちは海の安全にまつわるクイズに答えたり、ライフジャケットの着用体験をして備えることの重要性を学びました。

親子で学んだ海の安全。参加者たちは、正しい知識を持ち、しっかり備える事の大切さを実感していました。

今回のイベントで強調された“備え”ですが3つあります。

①知識の「そなえ」
人は一瞬で溺れてしまう事や海でやってはいけない事をしない。

②行動の「そなえ」
誰かが溺れていれば助けにいかずに、浮き輪を投げるとか人を呼ぶとか対応策を考えておく。

③装備の「そなえ」
ライフジャケットなどの個人用浮き具を着用する

など、この3つの「そなえ」を万全に楽しい夏を過ごして欲しいです。