MBCテレビで月~金 15:40~16:50の生放送!「ひと足早い」ニュース、「より幅広い」地域の話題、「暮らしに役立つ情報」美味しくて役立つレシピを“ふるさとたっぷり”にお送りします。

6/19(火)は旬のトウモロコシをシュウマイに、2018霧島国際音楽祭

簡単レンチンレシピ「トウモロコシのひまわりシュウマイ」

旬のトウモロコシを衣代わりにシュウマイを作ります。肉だねをやさしい食感にするワンポイントも紹介し見た目もかわいく夏らしい一品を紹介します。

簡単!レンチンレシピ「トウモロコシのひまわりシュウマイ」


西田あいさん生出演

2年ぶりの新曲「愛が足りなくて」が8/8に発売されます。
新曲についての思いと新曲発売前にある鹿児島市での初コンサートについて伺いました!


鹿児島国体・全国障害者スポーツ大会 デザイン募集

鹿児島県国体・全国障害者スポーツ大会局の西元みずほさんとぐりぶーにお越しいただきました。

第75回国民体育大会「燃ゆる感動かごしま国体」と、第20回全国障害者スポーツ大会「燃ゆる感動かごしま大会」が、2020年、鹿児島県を舞台に開催されます。
今回は、これらの大会で使用されるデザインと絵画募集のご案内です。

公式ポスターデザインの募集について
ポスターデザインは、国体と全国障害者スポーツ大会の2点をセットで募集します。
採用作品は、公式ポスターとして、県内の競技会場等に広く掲示する予定です。
「燃ゆる感動」というテーマにふさわしく、心のこもったおもてなしや情熱の伝わる作品をお寄せください。
募集期間は9/28までです。

炬火トーチと炬火受皿のデザインの募集について
炬火トーチと炬火受皿は両大会の開・閉会式で炬火台への点火等に使用するほか、炬火を活用したイベントで使用する予定です。
両大会のシンボルとして、鹿児島の美しく雄大な自然、文化や伝統など「鹿児島の魅力」をイメージさせるデザインをお寄せください。
募集期間は7/31までです。

「絵画コンクール」について
かごしま国体・かごしま大会で実施される競技を題材とした絵画を募集します。
クレヨン・色鉛筆、絵の具などで描いた作品をお寄せください。応募は学校単位で受け付けています。
締め切りは9/7までです。

詳しくはコチラまで


第39回霧島国際音楽祭

世界各地で活躍する名手たちが年に一度霧島に集い、繰り広げる音楽の祭典「霧島国際音楽祭」今年も来月スタートします。

霧島国際音楽祭を主催している公益財団法人ジェスク音楽文化振興会の井上宝子さんに伺いました。

井上宝子さん「霧島国際音楽祭は今年で39回目を迎えまして、クラッシックの音楽祭としては老舗の音楽祭として内容も充実してきていますので、皆様にお楽しみいただけるんじゃないかと思っています。」

会場は霧島市のみやまコンセールを中心に鹿児島市内でもコンサートが開かれます。
今年は国内外から70人以上のアーティストが出演、コンサートも50公演以上となっています。

主なものでは
ザビエル教会コンサート

山下洋輔 バッハMeetsジャズ 宝山祭り

スーパー・ガラコンサート(7/29)

キリシマ祝祭管弦楽団公演)

この音楽祭のもう一つの特徴であるマスタークラス、大自然の霧島の中で先生と朝から一緒に過ごしながら勉強するというのは心に残るものになるそうです。

今年の霧島国際音楽祭は、7/15~8/7まで霧島市のみやまコンセールを中心に開催されます。

詳しくはコチラまで


LEAP最新号特集

今月の特集は「美味しい海」

ぐるりと鹿児島を取り囲む海の幸のために情熱を捧げる人たちの姿と、その努力から生まれた美味しいものをたっぷりと紹介しています。
それだけでなく。まもなくやってくる夏、海とつながりのあるイベントも多くありますが、そのなかから、注目のものをピックアップした特集です。

詳しくはコチラヘ


よじリーぷっ!

今回はトロピカルフルーツを楽しんできました。

伺ったのは、人気スポット・フラワーパークかごしまの目の前「マンゴーの森」です。

ここで、マンゴーなどのトロピカルフルーツの栽培を始めて20年という有村さんの案内で、早速、マンゴーのハウスを見せてもらいました。

ひとつのハウスに約110本、8千玉のマンゴーが収穫できます。
でも、今年は少ない、その分、玉が大きい。アーウィンという品種、通称アップルマンゴー。クセが無くておいしい。
マンゴーは実だけでなく、その前に3万個の花を重ならないように吊る作業もあるそうで、いいマンゴー作りは根気のいる作業です。

これからのシーズンは、マンゴー・ドラゴンフルーツ・パッションフルーツと、トロピカルフルーツが楽しめるそうです。

 


親子芋植え

沖永良部島のエラブサンサンテレビから子供たちがおこなった「さつまいもの苗植え」の話題です。

今月7日、和泊町の農場でおこなわれた「親子芋植え」。
この芋植えは、和泊幼稚園の園児と保護者が毎年おこなっているものです。
役場職員の指導のもと、芋の苗植えが始まりました。

この日植えたのは、「紅はるか」「黄金センガン」そして「エラブの芋」と呼ばれる在来種の三種類です。

サツマイモの成長、そして秋の収穫が楽しみですね。