MBCテレビで月~金 15:49~16:50の生放送!「ひと足早い」ニュース、「より幅広い」地域の話題、「暮らしに役立つ情報」美味しくて役立つレシピを“ふるさとたっぷり”にお送りします。

6/18(月)は料理・豚肉のパイナップル煮、川辺祇園祭の女神輿

料理コーナー「豚肉のパイナップル煮」

豚肉を、生姜や生パイナップルをつけることで、酵素の力で短時間のうちに柔らかに、辛味と酸味が食欲をそそる一品をつくります。

辛味と酸味が食欲をそそる「豚肉のパイナップル煮」


なんさつONLINE中継

「南九州市商工会川辺本所」からちゃんサネさんが中継!
7月29日(日)川辺町商店街で行われる川辺祇園祭について山下裕美さんに伺いました。

川辺祇園祭は、大正14年に始まった歴史ある伝統行事で地域住民の無病息災、商売繁盛を目的に地域が一体となって取り組んでいるイベントです。

一番神輿の女神輿の担ぎ手を募集中です。
募集内容は、高校生以上の女性ならどなたでもOKです。
当日ご準備いただくモノは、白Tシャツ、黒ロングパンツ、黒の足袋4枚、白フェイスタオル(肩用)です。

午後1時~集合で午後4時からおよそ40分神輿を担いでもらいます。
7月6日(金)締め切りです。


データ放送お出かけ情報

みあみおおすみ西郷さぁ展示館

南大隅町根占川北に、現在、みなみおおすみ西郷さぁ展示館が開設されています。
西郷さぁの愛称で親しまれた西郷隆盛直筆の掛け軸など、明治維新期の貴重な資料をはじめ、南大隅町の古代~現代までの歴史、画家で絵本作家の「八島太郎」をはじめ、南大隅町ゆかりの偉人たちの資料が展示されています。
地元産の新鮮な岩ガキ
佐多大泊で、地元産の新鮮な岩ガキが楽しめる取り組みが始まったそうです。
お話を、おおすみ岬漁業協同組合佐多岬支所長 田中末広さんに伺いました。

冬場のマガキと違って、岩ガキは夏場に育っておいしくなるカキです。
南大隅町では、町の特産品にしようと3年ほど前から県と南大隅町、そして漁協とが一緒になって養殖に取り組んできました。
昨年から、イベントや夏休み期間に牡蠣小屋を設置して、焼きガキを提供しています。

大泊海浜公園ゲートボール場の駐車場に牡蠣小屋を開設し、土・日・祝日に、みなさんに販売をしています。また、一番のシーズンの夏場は、8月1日から15日は毎日営業します。
営業時間は、午前11時から午後3時までです。
値段は、牡蠣の大きさによってバラつきがありますが、2個セットで2000円ぐらいで食べられます。
佐多岬や雄川の滝の観光など、見どころもたくさんありますので、南大隅町にぜひ遊びに来てください。


月イチレブナイズ

今日のゲストは山田安斗夢さんと鹿児島レブナイズの選手兼レディラック見習いとなった「れぶにゃん」です。人気の「れぶにゃん」はグッズもあるそうですよ。

4回目となる「田んぼ de REBNISE」に今年も参加します。
伊佐市は硫黄山の噴火の影響による川内川の汚染で、稲作を断念した農家もあるそうですが実は8割の農家は川内川以外の水を使っており、今年も例年と変わらず稲作を行います
我々レブナイズも田植えを通して伊佐市の素晴らしさを発信し、伊佐市との繋がりを深められたらと思います。

6月24日(日)午後3時から、場所は伊佐市の大口中央中学校の横の田んぼです。
事前、当日受付などは一切ありません。とにかくきていただいて一緒に田植えを行いましょう。

毎月1回、鹿児島アリーナ・サブアリーナにて行っているふれあいバスケ、今月は6月26日(火)午後5時半から開催します。
大人から子供までどなたでも無料でご参加いただけます。