MBCテレビで月~金 15:50~16:50の生放送!「ひと足早い」ニュース、「より幅広い」地域の話題、「暮らしに役立つ情報」美味しくて役立つレシピを“ふるさとたっぷり”にお送りします。MC下山英哉と豊平有香がお届けします。

簡単!レンチンレシピ「いんげんと鶏の照り焼き」

今回は、フライパンで作ると火加減などが気になる照り焼きを、レンジ任せで簡単に作ります!

材料

(分量:4人分)

  • 鶏モモ肉(1枚) 400g
  • さやいんげん 20本
  • 長ネギ 1本
  • 《照り焼きのタレ》
  • 濃口醤油 大さじ2
  • きび砂糖・酒・みりん 各大さじ1
  • 《水溶き片栗粉》
  • 片栗粉 大さじ1/2
  • 水 大さじ1

作り方

  1. 鶏モモ肉はスジや余分な脂を取り除き、8つに切り分ける
  2. さやいんげんは、ヘタを切り落とし、半分の長さの斜め切りにしておく
    長ネギは3センチの長さに切っておく
  3. 水と片栗粉を合わせておく
  4. 大きめの耐熱皿に照り焼きのタレの材料(濃口醤油・きび砂糖・酒・みりん)を合わせる
  5. 鶏肉と長ネギを耐熱皿に入れ、全体にタレを絡めて10分漬けて下味をつける
  6. 鶏肉の皮目を下にして並べ、鶏肉の間に長ネギを挟み、皿の中央にさやいんげんを置く
    ★加熱中に皮が弾けないように、皮目を下にして並べましょう
  7. ふんわりとラップをかけて、600Wのレンジで7分30秒加熱する
  8. 取り出したら鶏肉・さやいんげん・長ネギの汁気を切って、器に盛り付ける
  9. 残ったタレをラップをせずに600Wのレンジで50秒加熱し、取り出したらすぐに水溶き片栗粉でとろみをつけ、盛り付けた具材にかけて出来上がり


《今日のポイント》

  • 残ったタレを再度レンジ加熱し、とろみをつけて照り焼き風に仕上げます。
  • これからの季節はいんげんの代わりに、オクラやナス、ゴーヤなどでアレンジできます。