MBCテレビで月~金 15:50~16:50の生放送!「ひと足早い」ニュース、「より幅広い」地域の話題、「暮らしに役立つ情報」美味しくて役立つレシピを“ふるさとたっぷり”にお送りします。MC下山英哉と豊平有香がお届けします。

6/6(水)は話題のイベント会場から生中継!パンとカフェのマルシェ

トヨへーの○○してみました

きょうは、肉のおかずを集めてみました!
お肉の中でも、今回は鹿児島の豚肉を利用した加工品をご紹介。

焼豚通り

熟練した職人の技術で3日間漬け込み、直火焼きロースターでじっくりゆっくり焼き上げた焼豚です。
【問】(株)薩摩ファームブロスト 099-274-3373

黒豚のピリカラちゃん 900円(税込)

黒豚をピリカラの味噌で漬けた「黒豚のピリカラちゃん」、お野菜と一緒に炒めたり、炒めたお肉をレタスやサンチュに巻いて食べるのがおすすめだそうです。
【問】有限会社 岩元精肉店 099-222-0315

宮奥氏の黒豚ベーコン

85年前から代々受け継がれて作られているこちらのベーコン。
ご主人のこだわりで、黒豚のいいお肉が入った時にしか作られないそうです。
生でも食べられるこのベーコン、おすすめはチャーハンやシチュー!
【問】宮奥商店 099-254-5333 お買い求めは山形屋2号館地下1Fで

姶良アゴ肉甘辛ダレ焼き

アゴ肉といえば、姶良で食されている食材で、味付けも豊富です。
秘伝の甘辛ダレで味付けされたアゴ肉が、お酒のつまみにピッタリです。
【問】うえの屋 0995-66-3901


錦江湾のなぎさから

MBCでは「みんなの海を次の世代につないでいこう」と、日本財団の「海と日本プロジェクトin鹿児島」に取り組んでいます。

くすの木自然館の浜本麦さんに「ウミガメ」の話題をご紹介いただきました。

もう産卵のシーズンを迎えているウミガメですが、5月~8月にかけて鹿児島県内、様々な海岸で産卵を行っているのですが、ウミガメの上陸産卵数がずっと日本一を維持しています。

鹿児島では2種類のウミガメが上陸します。
島の方で上陸産卵をする「アオウミガメ」、本土の方で上陸産卵する「アカウミガメ」の2種類に分けられます。

ウミガメは基本的にはずっと海の中にいる生き物なので、上陸するのはメスが産卵する時だけなんです。
本土に上陸するのは「アカウミガメ」だけなので、「浦島太郎」に登場するカメは、「アカウミガメのメス」だということがわかります。

浦島太郎のお話からもわかるように、昔から人間のそばにいたウミガメなんですけど、残念なんですが、最近ではウミガメにとっては住みやすい環境ではない状況が続いています。
漂着物が多すぎて産卵に適した海岸の上まで上がれなかったり、放置された釣り具などで上陸後に大けがをしたり、テトラポットを置きすぎて上陸できる砂浜が無くなってしまったり…。
県内でも例外ではなく、そういう現象続いていたのですが、そんな厳しい環境の中でも、鹿児島県は上陸産卵日本一を維持しています。

鹿児島県は全国に先駆けて「ウミガメ保護条例」を制定し、産卵地の市町村の方を含めて、みんなでウミガメがあがってくる環境を守っていこうと昔からしています。
錦江湾内も毎年上陸する海岸もあれば、姶良市の重富海岸の近くの松原海岸でも2012年に50年ぶりの上陸が確認されています。

ウミガメが産卵してくれると、「すばらしい海岸ですよ」とお墨付きを貰ったような気持ちになりますね。

鹿児島県では、子どもたちも保護活動に積極的に参加しています。
この「ウミガメ上陸産卵数日本一」を子どもたちと一緒守っていきたいですね。

海と日本プロジェクトin鹿児島HPはこちら


やまかたや パンとカフェのマルシェ&ハンドメイドフェスタ

山形屋から早稲田さんが中継!

やまかたや パンとカフェのマルシェ&ハンドメイドフェスタ

6月12日(火)まで 最終日午後5時終了
山形屋1号館6階 大催場


海と日本プロジェクト「お父さんに海の体験を贈ろう!」

今月17日は、父の日。
海と日本プロジェクトイン鹿児島。今回は、特別企画として「お父さんに海の体験を贈ろう!」と題し野口さんが海のレジャーを体験してきました。

父の日のプレゼント。今年は、「お父さんに海の体験を贈ろう!」ということで、拓ちゃん、鹿屋市天神町の荒平神社にやってきました。
この場所でマリンスポーツにチャレンジします。

大隅でマリンスポーツのインストラクターをしている「パドラーズ」の安藤さんと森さん。

今回は、シーカヤックとスタンドアップパドルボード通称サップの体験です。
2人乗り用のシーカヤックで錦江湾を満喫します。

拓ちゃん水着に着替えマリンスポーツを体験。
まずは、パドルのこぎかたの指導を受けます。初心者の方でも簡単に乗れるようになるというシーカヤック。

これで、鹿児島の海を体験します!

安藤さん「錦江湾は、サンゴ、熱帯魚、深海魚などたくさんいる、こんな場所をなかなかない。」

シーカヤックを満喫した後、もう一つのマリンスポーツ・サップを体験します。
サップも基本となるパドルの使い方から指導を受けます。準備が整ったところで再度、海へ出発!

滑り出しは順調だったたくちゃん。しかし、バランスを崩し海の中へー

この経験もサップならでは…マリンスポーツを楽しんだ一日となりました。
父の日に親子で体験というのも良いのでは?

野口さんがが着ていた海水パンツと靴。

こちらネット通販で買い求めることができます。お父さんと一緒に海に入って遊び尽くすために役立つアイテムがたくさんあります。
家族で海を満喫するため是非ごらんください。

詳しくはこちら


ラジからポニーメイツ

今回はポニーメイツの脇野真衣さんが担当。

第10回やまんなか音楽会で飾られる竹灯籠を作った様子を紹介してくれました!
スタジオには出来上がった竹灯籠も!

錦江町で竹灯篭作りにチャレンジ!